その他 

その他のお知らせ

台風シーズン
墓地にも暴風雨よる被害があるのでご注意ください。
石は重いので飛んで行きませんが、まれにステンレス中入れ花筒が暴風に寄って巻き上がる可能性があります。活けたお花は前もって処分するか筒をお持ち帰り保管。前物のステンレスガラス扉はしっかりロックする。
問題なのが塔婆です。風を受けやすい所などは帆掛け船の如き力を生みます。基礎がしっかりして無い物、差したままの物などは暴風を受け根こそぎ倒れ他家へ迷惑をかける場合があります。前もって抜いて置くか古い物は処分をおすすめします。処分などはお寺様へご相談を。

土砂崩れ
山寄せの墓地はご注意ください。

確か2.3軒ほど埋まっています。土砂崩れは予測不可能。
こうなってしまったら、かなり難しい。どこへ責任があるのか、国、県、市、私有地また補修の為の大型重機搬入路、再発防止策。莫大な金額、工程日数が掛かります。

倒木
やはり山寄りが起きやすいです。前もって倒れそうなのは切ります。

林業の方もお任せ下さい。伐採致します。
倒れ掛けてる、腐っている木などご注意ください。
お早目に、ご検討お見積り依頼お願いします。





国産の石種について
日本各地には様々な石種があります。
墓石材用から外柵材用、庭石など種類は多数あります。原石を採取する丁場(石切山)も特殊で一般には販売しない会社もあります。採取場所が同じでも石の名前が違う場合もあります。
一般的には水を吸い難く、硬い石が墓石には向いていると思います。
中国地方では庵治石、大島石、青木石が墓石向きとされてますが価格は高価です。またお墓の形、和型、洋型に寄っても価格差はあります。
価格差は1才(30p角)原石未加工としたら庵治石10万、大島石5万、青木3万位違います。採掘から加工、施工まですべて日本人で作業する訳ですから日本の人件費が掛かり、結果 どの石種でも国産品は高く高価です。
原石を中国工場に送り加工を中国でして貰う方法もあります、この場合は多少は価格は下がりますがそれでも国産石種は高価です。細工に至っては指示通りきっちり出来てます。厳しい検品もあります。
外国産の多くは中国全土各地にて原石採掘しており、種類が豊富です。
すべての用途に合わせた原石が取れそれを採掘加工して日本へ輸出しています。採掘、加工まで中国の安い人件費で済みますから外国産は国産に比べれば安い。
国産でも水を良く吸う石、部材に寄っては錆が発生する石もあります。一概に高い国産が良いとは言えません。
当社はオススメする石で必ずお見積りを致しています。




MOHDONサンお預かりしています。
元々は代々木ゼミ大阪校あった物らしい・・・
新見の とある塾へ置きます。
験を担ぎの品かな とをりまっせ と書いてあります。

学問の神 菅原道真公 天満宮の神使 臥牛を模した像です。
縁起よさそうな物です。

詳しい事は聞いてませんが 流政之氏の作品でしょうか。
ノミ痕とかすばらしい、間近で手に触れられて良かったです。