小藤文次郎著 朝鮮全図 in 1903


下記の資料は、国立国会図書館所蔵の『小藤文次郎著 朝鮮全図』である。同図にはUlleung-Doという表記の横にかっこで(Matsu-Shima)と書かれてある。

表紙 裏表紙 地図

小藤文次郎(こと ぶんじろう)1856〜1935 日本の地質学者。島根県津和野町後田新丁出身。藩校養老館で学んだ後、1879年、東京帝国大学地質学科第一期生として、ナウマン博士について地質学を学んだ。翌年ドイツ留学を命じられ、ライフツィッヒ大学、ミュンヘン大学で地質学を研究した。 1884帰国後、同年発見した玄武岩を兵庫県の玄武洞の名にちなんで命名したするなど活動し、1886東京帝国大学地質学教授、1887世界で初めて紅簾石片岩を報告。1888日本最初の理学博士となる。