日本の竹島領有宣言の過程

国立公文書館に所蔵してある『公文類集第29編』に竹島編入過程の資料がある。下の写真はその『公文類集第29編』の表紙である。竹島編入にあたって、先ず内務大臣の芳川顕正が1905年1月10日、桂太郎総理大臣に「無人島の所属に関する件」という秘密公文を送り、竹島編入のための内閣会議の開催を要請。1月28日、内閣会議で中井養三郎の「りゃんこ島領土編入並びに貸し下げ願い」を承認する形式で編入を決定した。

[拡大写真]









------ 1905年1月10日 内務大臣から総理大臣への閣議要請 ------

[拡大写真]

秘乙第337号の内
無人島の所属に関する件
北緯三十七度九分三十秒、東経百三十一度五十五分、隠岐島を距る西北八十五浬に在る無人島は、他国に於て之を占領したりと認むべき形跡無く、一昨三十六年、本邦人中井養三郎なる者に於て漁舎を構え人夫を移し、漁具を備えて海驢猟に着手し、今回領土編入 並に貸下を出願せし所、此際所属及び島名を確定するの必要あるを以て該島


[拡大写真]

を竹島と名け、 自今、島根県所属隠岐司の所管と為さんとす。右、閣議を請う。
明治38年1月10日
内務大臣子爵芳川顕正
内閣総理大臣伯爵 桂太郎 殿






------ 1905年1月12日 内務次官から内閣書記官長への秘密公文 ------

[拡大写真]

秘乙第337号の内
無人島所属に関する件、本月10日付を以って本省大臣より閣議へ提出相成り候に付き、右関係書類、左記の通り。及び御送付の候、御用済みの上は、返付相成りたく此段申添候也
明治38年1月12日
内務次官 山縣伊三郎
内閣書記官長 柴田家門殿


[拡大写真]

左記
一、中井養三郎より請願書
一、水路部長の回答
一、外務、農商務、両次官、並びに島根県知事の回答








-------- 1905年1月28日の閣議決定資料 --------


[拡大写真]

明治38年1月28日
別紙、内務大臣請議無人島所属に関する件を審査するに、右は北緯三十七度九分三十秒、東経百三十一度五十五分、隠岐島を距る西北八十五浬に在る無人島は、


[拡大写真]

他国に於て之を占領したりと認むべき形跡無く、一昨三十六年、本邦人中井養三郎なる者に於て漁舎を構え人夫を移し、漁具を備えて海驢猟に着手し、今回領土編入並に貸下を出願せし所、此際所属及び島名を確定するの必要あるを以て該島を竹島と名け、 自今、島根県所属隠岐司の所管と為さんとすと謂ふに在り。依て審査するに、明治三十六年以来、中井養三郎なる者が該島に移住し漁業に従事せることは、関係書類に依り明なる所なれば国際法上占領の事実あるものと認め、之を本邦所属とし、島根県所属隠岐島司の所管と為し差支無之儀と思考す。依て請議の通り、閣議決定相成可然と認む