がるでん山の国「炭遊舎」since 1999

------炭焼きに興じる人びと------

日曜炭焼き人の日記
竹炭・竹酢液をほしい人はこちらへ
炭遊舎の歴史
イベント情報・リンクのコーナー

「日曜炭焼き人の日記」はgooブログに引きついで書いていきます。これまで同様のご愛読をお願いします。
新・日曜炭焼き人の日記

 

1999年以来つづけてきた炭焼き活動は、2014年6月にその活動を停止しました。
このホームページを閲覧してくださったみなさまに心から感謝もうしあげます。

  
 
 

メールのあて先
tanyusha@kdt.biglobe.ne.jp
    会員数: 20数名     場所: 神奈川県相模原市緑区 旧藤野町奥牧野の日影原地区

 竹炭と木炭を焼き、それから出る竹(木)酢液を採取しています。  見学される人へ  奥牧野地区「日影原」のバス停、緑の建物「ガルデン・クラブセンター」と黄色い建物「メセナ」が 目印です。窯の周辺は市民農園になっています。  
 煙突から逆流して落下する竹酢液

 (木酢液とも)を採取しているところ。

-------いま、炭が見直されている-----

知っていましたか、炭のこんな使いみち

水の浄化に(竹炭がよい)

1 飲料水に1、2枚つけておく。

       水道水にはカルキが含まれています。
   これを取り除けば、健康によい飲み水
   になります。
    
2 植木鉢にかける水に

    カルキは植物にも悪いようです。バケ
   ツに竹炭を数枚入れ、何日かおいてから
   かけると、鉢植えの成長が速いようです。

3 金魚鉢、活け花などにも

    水の濁りを取り除きます。

消臭に(竹炭がよい)

4 クルマのなかに一箱

5 冷蔵庫に数枚

料理に(竹炭がよい)

6 炊飯器に1枚

    ふっくらしたおいしいご飯が炊けます。

7 天ぷら鍋に、煮物に1枚

野菜の鮮度を保つために(竹炭がよい)

8 冷蔵庫の野菜入れに数枚

調湿剤として

9 床下に敷く。

    新築時に床下にびっしり敷く。
    

竹酢液(木酢液)の使いみち

1 入浴剤として

    風呂にキャップ2杯から3杯を入れる。
   肌触りのよい湯になる。
    アトピー性皮膚炎やほかの皮膚病に
   効能があったという報告がとても多い。

2 水虫の治療に

    洗面器に原液を入れ、足を浸ける。

3 土壌の改良に

    200倍程度に薄めたものを散布する。
   野菜や果樹の実りがよくなる。

4 下水やトイレの消臭に

    臭いところに原液を散布する。

5 廊下などの拭き掃除に

    バケツに数滴たらす。