チシマタンポポ

                         「チシマタンポポ」はセイヨウタンポポやカントウタンポポに良く似た花を咲かせる草花の一つで、
                    キク科ヤナギタンポポ属の植物です。
                    名前から日本原産かと考えましたが、原産地はヨーロッパだそうです。
                    外見は「コウリンタンポポ」に良く似ていて、葉や総苞片は白毛でおおわれています。


4月中旬に咲き始めた

チシマタンポポ
頭状花の形は本種の

タンポポそっくりです
チシマタンポポのつぼみ
外総苞片はぴったりと

内総苞片についています
総苞片も白い毛で

おおわれています
小花の花弁の5つの切れ込みが

はっきりしています