カンチャナブリ

サワディー・タイランド トップへ

タイランド写真集

タイランド・リンク1
・ホテル&トラヘ゛ル
・旅行記
・タイ料理
・タイマッサーシ゛

タイランド・リンク2
・タイ情報-1

タイランド・リンク3
・タイラント゛情報-2
・タイラント゛雑貨&製品
・タイ語&タイタ゛ンス
・タイラント゛へ留学&ロンク゛ステイ
・国際電話

広告ヘ゜ーシ゛
タイのノニ石鹸
バンコクを知る本
タイのガイドブック
タイ語の本
タイマッサージの本
タイのトムヤムクン
タイ・バンコクで単身赴任!

カンチャナブリはバンコクから西へ約130kmの所にあります。
1957年製作の映画、「戦場にかける橋」で一躍有名なったクウェー(クワイ)川鉄橋があります。

第2次世界大戦中、日本軍はビルマへ軍需物資を輸送するために、数万もの現地人や連合軍捕虜を
使って、泰緬鉄道を敷設しました。
その過程の中で、1943年2月に、このクウェー川鉄橋が架けられたのです。
現在の鉄橋は戦後修復されたものだそうです。
泰緬鉄道の路線が、カンチャナブリからナム・トクまで残っており、この区間の2時間半の列車の
旅もお勧めです。
タイの田園風景の中をゆったりと走り、途中にはクウェー川を直下に見るような、断崖絶壁の難所を
通る見所もあります。

この写真集は、2003年3月に次男、三男と その友人たちを案内した時のものです。

   
連合軍共同墓地-1

日本軍によって泰緬鉄道建設に
駆り出され、病気や栄養不足で
命を落とした連合軍兵士が眠る
共同墓地です。


連合軍共同墓地-2

美しく整備されていて、一面緑の
芝生の中に美しい花が咲き乱れて
います。

6982柱の霊が眠っています。


クウェー川鉄橋-1

鉄橋の手前に爆弾が展示してあり
これは当時の本物だそうです。

後方の鉄橋の丸い部分は、当時の
オリジナルその物です。


クウェー川鉄橋-2

鉄橋の真ん中辺りで撮影

鉄橋は歩いて渡ることが出来ます。


クウェー川鉄橋-3

鉄橋の台形部分は、新しく作り直さ
れたものだそうです。


橋の手前に2両のSLが展示して
あります

日本製のC56型23号と戦後英国
から持ち込まれたSLとのこと。

写真のSLは英国製のもの?


サイヨーク・ノーイ滝

昔の泰緬鉄道を偲びつつ、終点のナム・トクまで行くと、
近くにはこの様な滝があります。

タイ人が滝の中に入って水遊びをしており、気持ち良さ
そうです。




コンテンツに戻る

1