財政分析講座

トップページ 季刊「多摩地域の財政分析」 

 

 

第4回市町村実践ゼミナール

 

 

大和田さんと一緒に学ぶ

 「 あなたのまちの財政分析 」   

 

 

市町村財政分析講座及びステップアップ講座を受講された方を対象に、自分で整理した自分のまちの財政状況の分析を発表してもらいます。いま抱えている財政的課題を一緒に議論し、知恵を出し合うというゼミナール形式によって、講座のしあげにしたいと企画しました。

 同時に今日的課題である地方交付金改革の行方や平成の合併市町村の財政、小さくとも輝く自治体宮城県綾町、長野県下條村の紹介などの問題提起をします。

 また、平成23年度予算議会の直前に、わがまちのよりよい予算づくりのポイントは、どこにあるのか、を地方財務会計制度改革の動きや平成23年度交付税算定の留意点にも触れたいと思います。

【日時】 27()午後1(集合1230分)〜9()午後3終了しました

【会場】 多摩住民自治研究所会議室

【参加費】 3万円(受講料)

*宿泊希望の方は、立川駅(隣駅)前のグランドホテル立川を紹介します。

 (1泊55007500円)

【講師】 大和田一紘(都留文科大学)

【参加対象者】

    当研究所の「市町村財政分析講座」と「ステップアップ講座」の両方を受講された方

    上記に相当する方(20年間の「分析用紙」を元にレポートができる人)

    三日間とも参加することを原則とします。

 


 

 

 財政が怖い人大歓迎

      二日間延べ10時間徹底的に学びます。

 財政危機。いまやどの自治体でも決り文句です。財政が分からずに残念な思いをしていませんか。実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

 

  よくわかる市町村財政分析  

◇講    大和田一紘 都留文科大 大野清 多摩研主任研究員

◇期    第3回―2010103日)・4日(月) 終了しました

       第4回―20101017日(日)・8日(月)  終了しました

      *内容は2回とも同じです。

  時間は2回とも1日目午後1〜午後7時30分、

         2日目午前9時〜午後3

   (時間のある方は二日目終了後、午後4時まで質疑や演習が可能です。)

 

◇会 場  富士電機能力開発センター

        (п@042-585-6334、富士電機の宿泊研修施設です。)

           *JR中央線・豊田駅北口徒歩5分。

 

◇受講料  24,150(消費税込。以下同様)

        町村議員と当講座の再受講者 21,000円、当研究所会員は18,900

 

宿泊と朝食

  先着60名まで同じ施設で宿泊できます。

 

テキスト  『増補版 習うより慣れろの市町村財政分析』

                   (大和田一紘著 2,310 自治体研究社)

 

特  色  どんな資料をどこから入手し、どう読み込むか?

      財政指標の意味は?今後の財政運営のあり方は?

            財政改善の手立ては?すべての疑問に答えます。

常時23名の助手(大学院生等)が付きますので演習でも安心です。

 

 


 

 

 財政分析ステップアップ講座

「よくわかる市町村財政分析講座」を修了された方に最適です。決算カードから作成した「分析用紙」の数字一覧からみえる自治体財政の姿を分析し、地方交付税や財政健全化法、行財政改革のあり方、手順と方法などをじっくりと学びます。またこの間自治体財政の大きな課題になっている国民健康保険会計の基礎についても学びます。

 

講師   大和田 一紘(都留文科大学)

      大野  清  (国保担当・多摩研主任研究員)

日時   2010年7月25日(日)・26日(月) (終了しました)

      ●1日目/午後1時〜午後7時30分●2日目/午前9時〜午後3時

テキスト 「増補版 習うより慣れろの市町村財政分析」

会場   富士電機能力開発センター JR中央線豊田駅北口徒歩5分

受講料  24,150円

 


 

 

 よくわかる 市町村財政分析(終了しました)

財政危機。いまやどの自治体でも決まり文句です。財政が分からずに残念な思いをしてませんか。

実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。

財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

 

講師   大和田 一紘(都留文科大学)

日時   第一回 2010年5月9日(日)・10日(月)

      第二回 2010年5月23日(日)・24日(月)

      ●1日目/午後1時〜午後7時30分●2日目/午前9時〜午後3時

テキスト 「増補版 習うより慣れろの市町村財政分析」

会場   富士電機能力開発センター JR中央線豊田駅北口徒歩5分

受講料  24,150円

 

 

 


 

財政分析ステップアップ講座 (終了しました)

 

「よくわかる市町村財政分析講座」を修了された方に最適です

 

講 師: 大和田 一紘 都留文科大

 

日 程: 1129(日)30(月) 富士電機能力開発センター

      (JR中央線・豊田駅北口徒歩5分・042-585-6334)

      初日131930分、二日目915

 

テキスト: 増補版  習うより慣れろの市町村財政分析

 

参加費: 24,150(消費税込み) 

 

参加申込書はこちらを当研究所にFAXしてください。

 


 

第4回よくわかる市町村財政分析講座(基礎編)

日時/2009年10月18日(日)〜19日(月)(閉め切りました)

※第3回よくわかる市町村財政分析講座(基礎編)と同じ内容です。

会場/富士電機能力開発センター(JR中央線豊田駅下車)

申込書はこちら(PDFファイル)をFAXしてください。

今までの財政分析講座は、こちらをご覧ください。


 

第3回よくわかる市町村財政分析講座(基礎編)

財政危機。いまやどの自治体でも決り文句です。財政が分からずに残念な思いをしていませんか。実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

   ◇講    大和田一紘 都留文科大

日時/2009年10月4日(日)〜5日(月)(終了しました)

会場/富士電機能力開発センター(JR中央線豊田駅下車)

申込書はこちら(PDFファイル)をFAXしてください。

今までの財政分析講座は、こちらをご覧ください。


 

 財政基礎講座 -財政が怖い人大歓迎!

  よくわかる市町村財政分析 

財政危機。いまやどの自治体でも決り文句です。財政が分からずに残念な思いをしていませんか。実はどのまちにも改善すべき多くの財政課題があります。財政分析が苦手な人や忙しくて困っている人のために、二日間で財政分析の基礎が学べる集中講座を用意しました。

◇講    大和田一紘 都留文科大

◇期    第1回―20094 5)、 6(月)  (終了しました) 

       *内容は2回とも同じです。

     第2回―2009419(日) 20(月)(終了しました)

 時間は2回とも1日目午後1〜午後7時30分、2日目午前9時〜午後3時

(時間のある方は二日目終了後午後4時まで質疑や演習が可能です。)

    場  富士電機能力開発センター

        (п@042-585-6334、富士電機の宿泊研修施設です。)

*JR中央線・豊田駅北口徒歩5分。東京駅―豊田駅は中央特快46分、快速57分。

  ◇受講料  24,150

       (消費税込、町村議員と当講座の再受講者、当研究所会員は18,900円)

  ◇宿泊と朝食  先着40名まで同じ施設で宿泊できます。朝食付きで6,100円です。

              下記で申し込んでください。

  ◇テキスト  『増補版 習うより慣れろの市町村財政分析』

          (大和田一紘著 2,310 自治体研究社)

テキストは必ずお持ち下さい。

「テキスト事前購入」を希望の方は送料サービスで事前に送付します。

特 色  どんな資料をどこから入手し、どう読み込むか?

       財政指標の意味は?今後の財政運営のあり方は?

       財政改善の手立ては?すべての疑問に答えます。

       質問や演習の時間も確保して丁寧に指導します。

常時23名の助手(大学院生等)が付きますので演習でも安心です。

申込書はこちらFaxしてお申し込み下さい。

 申し込まれた方には受講案内(会場地図・宿泊案内・持ち物案内等)をお送りします。


 

三多摩自治体学校プレイベント2

「市民の手による財政白書出版記念の集い」

 

市町村の財政難はいろいろの形で、市民生活をおびやかしています。「税金はどのように使われてるのだろう」。疑問に感じる市民の目は行政の財政へと向い、調べ、学ぶことで、今や市民版財政白書をつくる動きは全国に広がりつつあります。とりわけ、多摩地域では早くから活発で、最近では昭島市、西東京市が10月、東村山市が11月にそれぞれ出版、12月末には国立市が2年前に次いで2冊目を出版します。

この機会に4市の合同出版の集いを開くことになりました。市民版財政白書は市民をつなぐネットワークであり、行政のあり方に関心を持つ第1歩になることでしょう。お気軽においでください。お待ちしています。

 

案内パンフレットはこちら(PDF)

日時: 2009年1月17日() 13時〜17時

会場: 都立国分寺労政会館

(JR国分寺駅南口下車徒歩4分

TEL:042-323-8515)

内容

◇講演 「多摩から広がる市民財政白書」

 (講師:大和田 一紘

             多摩住民自治研究所副理事長)

◇市民版財政白書を出版した 昭島市、西東京市、東村山市、国立市の4市の

  市民からの報告

◇「4市に続け!財政白書完成目前報告会」

*終了後、引き続きパーティーに移り、参加者間の交流と懇談を行います。

パーティーに参加される方は、実費をいただきます。

 


 

 

 
トップページ ] 季刊「多摩地域の財政分析」 ]
この Web サイトに関するご質問やご感想などにいては、tamajitiken1972@yahoo.co.jpまで電子メールでお送りください。  
Copyright (C) 2008  多摩住民自治研究所 
最終更新日 : 2012/03/23