多摩キリスト教会案内

 

 

現在配布されている教会案内

←クイック

教会はあなたのお出でを心よりお待ちしております。

愛が冷めています。親子の愛、恋人同士の愛、隣人同士の愛、最近のテレビを見ていると恐ろしいニュースばかりです。人は愛を取り戻せるのでしょうか。

『私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。』 (聖書)

 

  ここに愛があるのです。

「私たちの罪」とは人の心から出て人を汚すものです。悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさなどです。「なだめの供え物」とはイエスさまが私たちの罪の身代わりに十字架に付けられたことを意味します。ここに愛があるのです。誰でもこの愛に満たされることができます。

 

 教会は初めて

どなたでも自由に参加できます。

必要な物は聖書と聖歌ですが教会に備えがあります。集会中献金がありますがこれは会費ではありません。してもしなくても自由です。小さなお子様連れでも安心です。礼拝堂に面してお子様用の部屋があり迷惑になりません。信仰は強要するものではありません。本人のご意思を尊重します。

 

 何をするの

集会の基本は賛美と聖書からのメッセージです。人の生きる指針は聖書です。歳を取ってなお輝く希望とは。死の先にあるものは。犯した罪の心の解決は。誰からも愛されていない?満たされる人生とは。聖書に聞いてみませんか。

  

 聖日礼拝(日曜日10:3011:45

礼拝は賛美、聖書の朗読、お祈り、聖書からのメッセージです。神のことばである聖書を通して、生きる力や希望、赦しや平安、永遠のいのちを得ます。昼間でられない方のために夜7時から第2礼拝を行います(要電話)。

 

 教会学校って(日曜日9:2010:00、12:00〜12:40

これは幼児から中学生までの子供向けに聖書を教えます。子どもを育てる基準に聖書を置いています。視聴覚教材を使ってわかりやすく、聖書の物語を土台にし、罪、正しさ、優しさ、いのち、死、自由などの「人のいのちの尊さ」を学びます。これらの学びは決して難しいものではありません。むしろペーパークラフトなどを使った楽しいものです。賛美歌を歌い、物語を見て、心に語りかけられます。そして、これらは学校では教わることのないものです。子どもだって悩みはいっぱいあります。その悩みを大人が全て解決してあげることはできません。でも子ども自身が聖書を通して真理にふれるなら道は開かれると思うのです。聖書は子ども心の成長を助けます。子どもの成長になくてはならないものです。大切なお子さまに聖書にふれる機会を提供させてもらえたらと思います。

 

 祈祷会(2017年2月から再会しています。

祈祷会では週の半ばに聖書からのショートメッセージを聞き、神の愛に慰めを受けることを目的としています。信仰生活での悩み、現実での様々な困難の中にある人の拠り所です。日曜日には詳しく聞いてもらえなかったことでも祈祷会では少ない人数なのでゆっくり伺うこともできます。また苦しみの中にいる人のために祈ることもしています。 

 

 書を学んでみませんか。

聖書は永遠のベストセラーです。聖書を生涯に一度は読んでみたいと思う人も多いことでしょう。しかし、聖書を一人で読み進めることはなかなか難しいものです。そこに導く人がいると理解が得られ、聖書に出てくる物語から得られる真理の魅力はつきることがありません。教会では聖書を優しく学ぶ会があります。とてもわかりやすいもので、聖書にそって親切に教えてくれます。またキリスト教についての疑問や知りたいことなどにわかりやすく対応します。信仰は学ばれる方が自分で判断します。強要することはありません。聖書を学んでみたい、聖書を読んでみたいと思われる方は教会に来られるか、お電話してください。

クイック

 

  結婚式と葬式

教会は結婚式場や葬祭場などの会場と違い、毎週日曜日には礼拝が捧げられ、週の半ば当教会では木曜日になりますが祈祷会があります。さらに様々な集会ももたれています。ですから会場として借りる場所とは少し異なるところがあります。そのような訳で教会で式を挙げる場合は教会の事情との調整が必要となりますのでその都度ご相談させていただきます。

  結婚式の場合 キリスト教の結婚式について何回か学んでいただきたいと願っています。決して難しい学びをするのではなくキリスト教の結婚式とはどういうことなのか、聖書になんと書いてあるのかを知っていただくためです。お二人の結婚にとって良き理解を得られると思います。

  葬儀の場合 事前に打ち合わせはできませんので、ご依頼を頂いた場合は速やかに牧師役員会で判断いたします。それは教会行事等の調整、人員等の手配が主なことです。教会は地域における宗教施設でもありますので宗教儀式に対しての協力は否みません。教会で葬儀を挙げたい、またはキリスト教式でご自宅で葬祭場で式をあげられる場合の司式をお受けいたします。特に故人が以前教会に通ったことがある、クリスチャンとの親交がある、賛美歌が好きでよく歌っていた、聖書に親しんでいた、キリスト教葬儀に参列して良かったなど、何らかの関係がある方でクリスチャンではないけれど教会で葬儀ができないかと迷っておられる方のご相談をお受けいたします。キリスト教葬儀についてのご質問も遠慮なくお申し出ください。

クイック

 

  死について知っていますか。

最近自殺する人が多くいます。死は無ではありません。生まれ変わるのでもありません。死で現在の苦しみから逃げることはできません。聖書では死を永遠の渇きと表現しているところがあります。今の苦しみよりもさらなる渇きが永遠に続くのです。神の救いは永遠のいのちです。これは潤い、満たしです。神の救いを受けましょう。

 

  クリスチャンになるには

教会に行き、イエス・キリストの救いを学び、「心で信じて、口で告白して救われます」そして洗礼を受けるとクリスチャンになります。スタートした信仰は教会で育てられ成長します。聖書を学んでみませんか。随時受付。 

 

 自分はひとりぼっち

誰からも愛されていない。そんな風に自分を思っていませんか。人は愛がなくては生きられません。愛がなければ、底なし沼のような暗さが覆います。しかし人の愛を失うことは特別なことではありません。誰にでも起こり得ることです。だから変わらぬ愛、永遠の愛が必要なのです。「君は愛されるために生まれた」この神の愛を受け入れませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会学校の時間が変更しています。

 中高大学生科 9:20〜10:00

 小学生科・幼稚科 12:00〜12:40

 (午後の活動により変更する場合があります)

2017年2月より祈祷会は再会しています。

牧師への相談は随時受け付けています。

どんな相談でもご連絡ください。