千葉市美浜区と稲毛区を結ぶ高規格道路「新港横戸町線」建設の記録。

新港横戸町線開通記念式典
“Shin-Yoko 2010 Opening Day Event”
(2010年8月28日・5ページ目)

(続き)

クリックすると拡大します

開通記念式典

先ほどの沿道市民ウォーキングのスタート地点、稲毛区役所脇のトンネル内では10時30分から千葉市や沿道の関係者による開通記念式典が開催された。

クリックすると拡大します

敬愛学園高校吹奏楽部の演奏

開通記念式典内では沿道にある敬愛学園高校吹奏楽部の演奏が行われた。

クリックすると拡大します

テープカット

開通記念式典の最後に熊谷俊人氏(千葉市長)、茂手木直忠氏(千葉市議会議長)、藤井英二郎氏(道づくり協議会代表)と沿道の小学校の児童8名によりテープカットが行われた。

クリックすると拡大します

トンネル壁面への寄せ書き

開通記念式典の終了後は式典が行われた付近のトンネル壁面にチョークで寄せ書きを行う時間が設けられた。なお、この寄せ書きはイベント終了後防音壁で覆われたため通過する車から見ることはできない。

クリックすると拡大します

最終確認

開通まで残り30分を切り、最終確認(現場の写真撮影)を行う作業員。黒板には「完成」の文字。

クリックすると拡大します

開通!!!

15時ちょうど、併走するパトカーと巡回車の先導により新港側、穴川側双方から一般車両の走行が開始された。

クリックすると拡大します

新港側から来た一般車両

新港側から黒砂陸橋を越えて走ってきた一般車両。

クリックすると拡大します

千葉港黒砂台線との交差点

今回の本線開通で新設された千葉港黒砂台線と新港横戸町線の交差点。地上の側道、地下の本線の両方を車が行き交う。

クリックすると拡大します

国道14・357号線の右折レーン標識

前回取材時(8月21日)は開通前のためカバーが掛けられていた国道14・357号線の運輸支局入口交差点の右折レーンの標識もカバーが外され見えるようになった。奥の道路上空に設置されている標識はまだ右折側(穴川方面)の文字がシールで隠されたままである。

■新港横戸町線(穴川→幸町)走行動画(3分41秒)



開通翌日の2010年8月29日に撮影した新港横戸町線穴川十字路→京葉線通り交差点の走行シーンを動画で撮影した。穴川から幸町までは信号無しのノンストップ、所要時間はわずか4分足らずで、これまで稲毛区内の狭い道を右へ左へ折れながら20分以上かけて通過していたことを考えるとまさに隔世の感があるといえよう。
なお、本動画は筆者の所属している合唱団のメンバーのご厚意により房総方面からの帰りに新港横戸町線を通過していただくことにより撮影できたものである。ご協力いただいた合唱団の方々には深く御礼申し上げる。

←4ページ目へ戻る