千葉市美浜区と稲毛区を結ぶ高規格道路「新港横戸町線」建設の記録。

新港横戸町線開通記念式典
“Shin-Yoko 2010 Opening Day Event”
(2010年8月28日・4ページ目)

(続き)

クリックすると拡大します

黒砂4丁目のトンネル

市道黒砂5号線の下をくぐるトンネル。側道が分岐するため片側3車線分の広いトンネルとなっている。

クリックすると拡大します

黒砂4丁目のトンネル内部

このトンネルを抜けるとすぐに黒砂陸橋となる。トンネル内では黒砂陸橋下の運輸支局入口から来た側道と千葉港黒砂台線へ向かう側道が分岐・合流しており首都高速のような「織り込み」が発生する。(ただし、交通量はそこまで多くは無いので事故が起きる可能性は低い。)

クリックすると拡大します

黒砂4丁目のトンネル内の排水口

このトンネルは前記の3トンネルとは異なり地盤を掘り下げて設置されたため自然な排水はできない。このため、トンネル中央には大きな集水枡(ます)が設置されており、ここに集まった水をポンプアップして下水道に排水する。

クリックすると拡大します

展示されていた建設機械

黒砂4丁目のトンネル内では道路の開通イベントでお馴染みの建設機械の展示が行われていた。(路面を傷つけないようブルーシートで養生している。)

クリックすると拡大します

黒砂陸橋の取り付け部

トンネルを抜けると直後に両脇から国道14・357号線の運輸支局入口交差点へ向かうランプが分岐し、本線は上り坂となって黒砂陸橋へ向かう。

クリックすると拡大します

運輸支局入口交差点へ向かう側道

今回の沿道市民ウォーキングでは黒砂陸橋へはむかわず、側道を通って陸橋の下へ降りた。このランプは途中で沿道の生活道路へアクセスする側道の分岐・合流があるが、今回の本線開通ではこの側道は未完成であるため分岐路には仮設の柵が置かれている。(側道の完成は9月下旬の予定。)

クリックすると拡大します

黒砂陸橋の支承

黒砂陸橋の橋脚・橋台の支承はすべて免震構造(積層ゴム支承)となっている。

クリックすると拡大します

ランプのUターン路

運輸支局入口交差点へ通じるランプはルートを間違えたドライバーのためなのかこのように途中でUターンできるようになっている。今回の沿道市民ウォーキングではこのUターン路を利用して上り線へ折り返した。

クリックすると拡大します

運輸支局入口交差点

黒砂陸橋下の運輸支局入口交差点。新港横戸町線の開通に先立ち、右折レーンの使用を開始している。

←3ページ目へ戻る 5ページ目へ進む→