千葉市美浜区と稲毛区を結ぶ高規格道路「新港横戸町線」建設の記録。

新港横戸町線開通記念式典
“Shin-Yoko 2010 Opening Day Event”
(2010年8月28日・2ページ目)

(続き)

クリックすると拡大します

敬愛学園前交差点下のトンネル

市道幕張町弁天町線と交差する敬愛学園前の交差点下のトンネル。新港方面へ向かって右側へ緩くカーブしている。

クリックすると拡大します

掲示されていた工事の記録

トンネル壁面には各工区ごとに工事の様子を記録した写真が貼り出されていた。

クリックすると拡大します

黒砂台3丁目付近の掘割

既設の文教通りと分かれた後はこのように掘割の中を進む。用地幅を削減するためこの付近は側道の一部が本線上空に張り出す形態となっている。

クリックすると拡大します

JR総武線との交差部付近

JR総武線との交差部の北側は道路の左右で大きな高低差がある。東側は崖となるためコンクリート製のよう壁で、西側は住宅地に近接しているため巨大な防音壁でそれぞれおおわれている。

クリックすると拡大します

非常駐車帯

JR総武線との交差部付近には上下線ともに非常駐車帯が設置されている。このうち、下り(穴川方面行き)は防音壁に設置された扉を使って側道へ避難することもできる。

クリックすると拡大します

非常電話と通報装置

非常駐車帯内にはこのように管制室へ事故の通報ができるようボタン式の通報装置と非常電話が設置されている。

クリックすると拡大します

JR総武線〜千葉港黒砂台線

JR総武線の高架橋を過ぎると都市計画道路千葉港黒砂台線の下をくぐるため下り坂となる。

クリックすると拡大します

千葉港黒砂台線下のトンネル

下り坂になってほどなくして本線はトンネルに入る。地形の関係で下り線側は側道の用地が確保できなかったため本線上空に側道を通す形となったため上下線で坑門の位置が異なっている。

←1ページ目へ戻る 3ページ目へ進む→