富士山南麓の自然アルバム

     地形・地質を中心として      

              

          富士川からの富士山

             

  2,001年2月24日に ハワイのキラウエア火山のカルデラの縁に立った。長年の夢がか

なったひと時だった。ハワイ島は火山の島。いたるところに溶岩がむき出しになっていて、ま

つ黒い肌の地面が見えている。ふと、自分の住んでいる富士山麓の溶岩の原を想像してみ

た。

  弥生時代の中期、富士山の中腹から噴火した大淵丸尾の溶岩は、富士市今宮のお浅間さ

んまで流れている。その頃の富士山麓の様子を彷彿とさせてくれるハワイ島の溶岩源。地質

の勉強に興味をもち始めてから四十有余年。これまでの学んだことを私のホームページとし

てまとめることにした。

   日本地質学会・地学団体研究会・静岡県地学会・富士学会・富士地区地学会会員

                   篠ヶ瀬卓二 (ささがせたくじ)

           1937.10.4 生まれ     1960.3.15 静岡大学教育学部卒業

  住所 〒417−0286 静岡県富士市中里953−27  

                                   電話・ファックス 0545−34−0781

  Eメール takuji.s@thn.ne.jp 

  

 もくじ

 1  富士山

 2 富士山南麓の滝

 3 富士山南麓の溶岩トンネル

 4 富士山南麓の溶岩樹型 

 5 富士山南麓の寄生火山 

 6 富士山南麓の湧き水 

 7 富士山南麓のポットホール 

 8 富士山南麓の柱状節理 

 9 富士山南麓の溶岩塚

10  富士山南麓の溶岩球 

11 富士山南麓のスパイラクル 

12 その他