Tak Nagai Worldbeat Jazz Ensemble
2管、3管のJazz Combo用に書かれた永井崇のオリジナル・ミュージック。

世界の音楽をジャズ語法で料理したそのスコアは、ベルモント大教授Dr. Michael Harrington氏の推薦により、全米作曲家協会(Society of Composers, USA)に加入するきっかけとなる。

それらを具体化するため同志が集まり、1997年米国ナッシュビルで第1期始動。

1999年にはニューヨークで第2期スタート。マンハッタンでのレギュラー・ギグやレコーディングを行う。

そして2007年春、東京にて復活。

Let Funk Free Your Soul!

Nashville years(1997-1998)

Tak Nagai (guitar)

Denver Bierman (trumpet)

Jayme Koerselman (alto sax)

Chris West (tenor sax)

Ryan McMillen (keyboard)

Jerry Navarro (bass)

Brad Williams (drums)

Quinn Loggins (percussions)

New York years (1999-2002)

Tak Nagai (guitar)

Lex Samu (trumpet)

Keith Pray (alto & baritone sax)

Tedd Baker (tenor sax)

Alec Petcoff (bass)

Greg Germann (drums)