全日本リトル野球協会リトルシニア委員会東北連盟岩手県支部所属滝沢いわてチームオフィシャルサイト email :takizawa_iwate@yahoo.co.jp
滝沢いわてチームPRビデオ

弁論大会 自分への誓い


 今週の日曜日も、朝はやっぱり氷点下と冷え込んだが、久しぶりに青空が顔を見せてくれた滝沢。そんな中、三年生7名、在団生22名の参加で、恒例の弁論大会が開催された。会長、監督のあいさつの後、在団生から「今年度の決意」についての作文が読まれ、それについて監督、コーチからコメントが話されるなど、和やかに進行した。お昼にはお母さん方が作ってくれた牛丼を美味しくいただき、昼食の後は3年生の、「シニアで学んだこと」や「高校に向かっての目標」などが発表され、普段グラウンドでは見られない表情があちこちで見られた。


2014年1月21日
No. 564

滝沢いわてシニア




取材  ガッちゃん
制作 管理人



弁論内容

古川 凌 (1年)
パワーをつけ、声を出す。シニアに入団して、ギャグができるキャラになった。皆に感謝して頑張る。1番捕手で!
コーチ:よく話を聞いている。上下関係なく、引っ張ってほしい。
監督:プロに行った小石沢さんも一発ギャグの名手。人を笑わせることは大変なこと。体育での怪我に注意。
新井 涼介 (2年)
短所を克服して、目標を持って積極的に取り組む。身体を作る。3番投手で!
コーチ:短所がプレーに出てしまうが、自覚しているので良い方向に向かうだろう。
監督:生活面を正し、良い意味で目立つ選手に。
千田 智 (2年)
全国大会を目指して、走り込み、素振り、精神を強く。主将と一緒にまとめ目標達成する。1番センター、投手で!
監督:1年から試合で使って結果を出してきた。スランプにも陥ったが、相手を圧倒する力があるので、頑張ってほしい。
根木 総馬 (2年)
人間としての器を向上させ、全てにおいて、誰にも負けない努力をしていく。4番投手で!
コーチ:チーム1の努力化。自信を持って、エースの座を守るつもりで。
監督:白くま。5教科●点以上!
菅野 豪琉 (1年)
全国は無理と思っていたが、先輩が成し遂げ、自分たちの可能性も開けた。不可能を可能にする。3番ショートで!
コーチ:ぶっとんでいるところは良いところ。粗いプレーを改善しよう。
監督:何事もびびらず、尊敬される先輩になろう
橋本 遼馬 (1年)
個人の目標よりも、全体の目標を重視する。声を出して挨拶をしっかり。6番レフトで!
コーチ:適切な声掛けは大事。兄のDNAも受け継いでいる。
監督:彼の声はチーム3本に入る。声は武器。出している選手は使いたくなる。プレーでもアピールを。
東梅 大和 (1年)
全国へ行くための6つの目標をクリアする。監督、コーチ、父母会の皆さんに感謝。7番投手で!
監督:声が武器になる。期待している!
吉田 稜人 (2年)
全国大会で勝つことを目指し、2年として自覚を持ってプレーする。3番ファーストで!
監督:綱登りを登ったときの嬉しさをプレーに活かせ!
西舘 慎二 (2年)
全国を目標にする。声を積極的に出し、1年を引っ張る気持ちで。メンタルを強くする。
監督:親に叱られ、練習場まで2時間かけて歩いてきた。厳しいけれども愛情ある親に下で頑張れ。
佐々木 悠真 (1年)
鉄壁の守備、パワーをつけ、全試合フル出場、学力向上、全国制覇、リーダーの自覚と冬の練習をやりきる。8番セカンドで!
監督:声が武器で、ベンチ入りできる。鉄壁のセカンドになってくれ!
根木 大斗 (2年)
主将のフォローができていなかった。責任を持ち、大声を出し、今後の態度を改める。7番セカンドで!
監督:1年のときから辞めたいの連呼だったが、辞めたくないというように成長した。がんばれ!
佐々木 秀(1年)
入団したころは、練習についていくのがやっとだった。もっと努力をして、チームをまとめる捕手になりたい。両親にも感謝。2番サード、捕手!
監督:トレーニングの継続が大事。投手か捕手かサードか、ぶれずに突き進め。
杉江 祐磨(2年)
当たり前のことを当たり前にして全国へ。闘争心をもって取り組む。1番レフトで!
監督:目標を明確に持って必死なので、間違いなく伸びる。期待している!

長崎 瞬人 (1年)
全部のポジションを覚えて実戦に活かす。誰よりも声を出し、全国で1勝を勝ち取る。6番サードで!
監督:やってはいけないことをした・・・。自分の行動が皆に迷惑をかけることもあるから、自覚してがんばろう!

平賀 佑東(6年)
身体作りが大事。英語を覚え、コツを覚えて綱を登る。スタミナつけ、声出しをして全国へ。6番投手で!
監督:綱登りができないことを、体力ではなくコツと思う発想が凄い。兄貴を追い越せ!

照井 遥仁 (1年)
中学の及川啓先輩に憧れて入団した。日々の練習を大切に。ミスを繰り返さない。3番セカンドで!
監督:自分も憧れるような選手を目指せば強くなる!
竹澤 優希(1年)
5つの欠点を克服し、12個の目標達成を目指す。信頼ある選手になって、全国へ行く。6番ファーストで!
監督:とても頑張っている。投げ方の改善もあるが、その投げ方を活かしてもみたい。

菊池 礼桜 (6年)
滝沢シニアが大好きだ!全国に出場する。英語を頑張る。礼儀、挨拶、声出し。2番サードで!
監督:勉強も野球も、教わったことの復習、また復習が大事。がんばろう。

四日市 龍星(1年)
怪我で出遅れて悔しい思いをした。怪我のない柔軟性のある身体にする。エースで4番。完全試合を達成する!
監督:怪我でやめてしまうかと心配したが、治ってからいい動きになってきた。悔しさは成長を生む。頑張れ!

菅原 慧大(1年)
大きなヒットを打って、結果を出したい。そのための毎日のトレーニングをがんばる。5番投手で!
監督:怪我が治ったら、いきなりレギュラーに食い込む可能性がある。怪我をしているとき、どれだけ頑張れるかが大事。
菅原 大夢(1年)
すべてのおいて1番になる。声を出し、パワーをつける。親に感謝。プロ野球選手になる。3番投手で!
監督:声が1番になれば、プロも夢ではない。アピールが大切。がんばろう。


麥田 彗那 (2年)
自分に甘えることなく、厳しく声掛け、アピールを。道具の手入れ、自主連をしっかりする。4番捕手で!
監督:主将は経験しないとわからない。俺も主将、捕手で4番だった。期待している!

立花 大輝(3年)
自己主張し、計画を立てて実行することを学んだ。今後も埋もれずアピールしていく。
コーチ:是非高校合格して、活躍を。
監督:ガンダムのアムロレイに似ている。これからもがんばれ。

阿部 魁瞳(3年)
入団して失敗続きで、監督の付き人になり、自分が変わった。高校で活躍できるように、さらに鍛える。
コーチ:練習中に不満な表情に叱ったことがある。これからも負けずに頑張れ。
監督:常に笑顔が良い。笑顔が出ないくらい辛いことも待っているが、頑張って乗り切れ。
岩崎 大成 (3年)
全国大会で負けたことが、野球人生で最も悔しく泣いた。高校では4番で甲子園へ。
コーチ:怪我で挫折しかけたが、復活してくれた。
監督:岩崎の打撃で全国へ行けた。高校でもレギュラー取って活躍してくれるだろう。

菅原 優輝(3年)
集中力で全国を掴んだ。自分たちの初戦は、1安打の負けから始まった。
コーチ:上手い選手。高校でも活躍を期待している。
監督:簡単なプレーをミスすることもあったが、プレーの上手い選手。高校でも期待している。

平賀 東吾 (3年)
3年通して、挨拶、礼儀、アピールの大切さを学んだ。高校ではレギュラー目指す。
コーチ:自分を追い込んで、たくさん練習するから良い結果につながった。
監督:熱中症で倒れるまで追い込み、真面目に取り組んだ。怪我ないように。

石橋 泰成 (3年)
先輩から教わり、主将としてみんなの助けでまとまった。全国への胴上げは忘れない。
コーチ:泣いて、苦しみを乗り越えたのは強い。皆に好かれる選手に。
監督:ここでの経験を糧にして、全国で勝ちまくることを期待している。

佐々木海翔 (3年)
声出しだけは負けないようにやり、監督が応えてくれた。全国で打席に立てたが、安打を打ちたかった。
コーチ:バッティングが良い。高校でも自分の思いを強く持ち続けよう。
監督:練習を見学にきた他チームの監督・コーチに「あいつは誰だ」と言われる選手だった。

 




弁論大会受賞者

素晴らしい弁論に表彰があり、会長賞として図書カードが、またコーチ・役員各賞に木製バットが贈呈されました。

会長賞
  麥田彗那(2年)、長崎瞬人(1年)、菅野豪琉(1年)、平賀佑東(小6)
畠山コーチ賞
  平賀佑東(小6)
北川コーチ賞
  佐々木悠真(1年)
戸澤コーチ賞
  菊池礼桜(小6)
佐々木コーチ賞
  古川 凌(1年)
後藤事務局賞
 杉江祐磨(2年)







1月予定

25日 篠木小&専用G
26日 県営&専用G

急遽変更の可能性があります。詳細は事務局にお問い合わせください。

地図
チーム専用球場
東銀グラウンド
小岩井運動場

篠木小
滝沢総合運動場

県営野球場
雫石 県営プール

盛大附G
八幡平市野球場

選手募集!!

滝沢いわて
PRビデオ ver.2012

[old version]

滝沢村のチーム専用グラウンドを中心に活動しています。是非、一緒に硬式野球の練習をしませんか?


滝沢いわての野球

事務局:後藤
090-6259-1926


選手名鑑特集号
卒団生の活躍
母達の甲子園
弁論大会
100号記念号
卒団式
(video 1 2 3 4)
専用G完成
プロ選手誕生
10周年記念大会

新チーム戦跡

北東北大会秋
秋季東北大会

バックナンバー
2002年
創刊号    

2003年

10 11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
2004年
45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
2005年
98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148
2006年
149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199

2007年

200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252

2008年
253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303

2009年

304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354

2010年
355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405

2011年
406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455
2012年
456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507
2013年
508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560
2014年
561 562 563

相互リンク
東北連盟
盛岡南チーム
七ヶ浜チーム
気仙沼チーム

盛岡西リトル
青山スワローズ
上田バンビーズ

Yahoo! JAPAN

岩手の高校野球
頂点を目指して