大阪窯業引き込み線跡

> 八王子の長沼町にはかつて大阪窯業と言う煉瓦工場がありました。この大阪窯業と言う会社が設立されたのは明治30年で
現在の打越中学校の近く、湯殿川沿いに建設されました(当時は八王子煉瓦製造株式会社、大正元年に大阪窯業に合併される)。

当時鉄道建設には煉瓦が使われる事が多かった様で(トンネルアーチや鉄橋の脚部)大阪窯業長沼工場からも多くの煉瓦が
嫁いでいきました。しかし昭和7年に同工場は火災により閉鎖されてしまいます。長沼工場からさほど遠くないところに
日本煉瓦製造という会社があり(東京都日野市)こちらの煉瓦の方が多く使われた様です。・・・で今回廃線を辿ったのは八王子駅からこの
長沼工場への引き込み線跡なのですが戦前に廃止になっている為に「全く」と言って良い程判りませんでした。
以下に廃線跡を辿りますが「恐らくココら辺だろう」と言った推測が中心になっている事をご了承下さい。



比較の為に地図を掲載してみました。左は昭和初期の物、右は昭和末期の物です。左の方は道路も整備されていない為に国道16号
が写っていない他に八高線の線路も描かれていない様です。この地図を元に歩いて行くのですがポイントとなるのは京王線を
オーバークロスする箇所と終点部の所です。工場のあった所を見ると浅川(多摩川の支流)から分岐している湯殿川が工場のあった場所
のすぐ裏手を流れています。工場に必要不可欠な「水」、意図的にココに建設した物なのでしょうか。まずは分岐箇所へ行きます。



<左写真>
地図で見ると判る様に引き込み線は八王子駅を出た横浜線より分岐しています。分岐箇所は高い所を走っている為に
写真では判りづらいのですが大きく膨らんでいる箇所があり「なんとなく」ここが分岐点であった事が判ります。
手前が引き込み線跡。奥に横浜線が走っており空いているスペースがあるのが予想できます(車内からなら観察可能でしょう)

<右写真>
昭和50年代の同地区の航空写真ですが「○印」が分岐箇所、盛土が左に残っているのが判るかと思います。(拡大図)



線路跡のカーブに沿って建ったアパート。奥が横浜線、八王子市子安町1丁目となっています。



左の青いアパート部を走った線路は道路を横切って進んでいました。この引き込み線が現役の時にこの道が存在したかは不明です。



線路は土手を走ったまま京王を跨いでいました。1つ上の写真の右手民家の裏には現在も大阪窯業引き込み線の橋桁が1本だけ
残っています。廃線から70年余、唯一残鉄道が走っていた事を判らせてくれる物でした。写真は京王本線で奥が八王子です。


廃線へ戻るDEPARTUREへ戻る次のページへ