中央本線旧線(小淵沢〜信濃境)

中央本線は何度にも渡り旧線→新線の改良工事をしてきたので廃線跡が多く残る路線です。
今回は小淵沢-信濃境間が1983年に複線化された際に消えた廃線跡に眠るとあるモノを紹介します。



取り敢えず「信濃境駅」です。本当にあの中央線かと言うくらいキテいます。



さて「信濃町駅」を線路沿いに小淵沢方面に行くと写真の様に道路と線路とに高低差
が出来る箇所があります。実は今私が写真を撮るのに立っている場所が廃線跡なので
写真の何処かで旧線路と現在の線路とが合流していた、という事になります。写真は115系。



上の写真をもっと奥に入り道路を見た所です。実はバラストらしき物も残って
おりこの風景は単線の電車が走っていたという事を想像させてくれます。



上の場所から180度振り返り「小淵沢」方面を見るとなんと電車が捨てられていました。
誰も立ち入らない様な茂みの中に電車が2両編成で眠っているんです。しかし車両は・・・



電車は中央線ではありません。はじめは京王井の頭線かと思ってしまいましたが車両
のサイドにある「F.K.K」が示す様に富士急行の車両の様です。富士山マークもありました。



車両番号には「3101」と打たれています。この電車は富士急で4両しか造られなかった
車両の内の2両らしいです(他の2両は脱線転覆事故により廃車になった)。



一部線路もありますが当時の線路かどうかは判りません。この車両、静態保存となっている
様ですが中を見ると調理器具やらがあったり「豚汁」なんかの看板もある事から誰かが買い
取り店でも開いているのかと思います。でも長く使用された形跡はありません。一体どう
言う扱いになっているのでしょう。電気も引かれていますが車両状態は手入れされてなく酷いです。



逆側から撮影してみました。小淵沢側は廃線跡っぽいのは無い様子ですが夏なので草が凄く
調べた訳ではありません。富士急車両では無く古い中央車両だったら良かったのにと思ったり。


廃線TOPへ戻るDEPARTUREへ戻る富士急行公式HPへ