PFGE法


PFGE(Pulsed-Field Gel Electrophoresis)制限酵素で切断した微生物の全DNAを電気泳動により分離するために用いられます。例えば、大腸菌O157のゲノムサイズは5.7メガベース(MB)と報告されており,これを制限酵素XbaTで切断すると20キロベース(kb)から700 kb のバンドが合計20本以上産生されますが,この泳動パターンで菌株の識別を行うことができます。通常のアガロースゲル電気泳動では,このようなサイズの大きなDNAは分離不能ですが,PFGEは一定時間ごとに電場の方向を変えることにより巨大DNAの分離が可能です。

この方法は高い再現性と分解能を持っているため保健所や病院などで病原菌の識別(O157など)に使われていますが、結果が出るまでに多くの時間がかかるという欠点もあります。