5月2日(火) 穴滝&赤岩胎内巡り 小樽穴滝は雪解け水でゴウゴウと水音が洞窟内に轟いていました。移動して赤岩、カタクリ咲く遊歩道より迫力ある岩壁に胎内巡りで満喫な1日(^^)/ 5月17日(水) 芦別岳一稜 かなり久々に行きました!1日目は太陽の里キャンプ場にて宴会、翌日5時出発、まずは旧道へ。ユーフレ小屋まではいつもながらUPダウンがやたら多い。小屋周辺の残雪状況は例年より10日程早い感じ、懸念のゴルジュは充分残雪はあるがその先10分程の両側が狭まっている場所、下部から見て右下がすでにゴウゴウと水が流れていてここのスノーブリッジがなくなればかなり厄介ではないだろうか!楽に渡れるのはあと1週間かな〜〜。あと今回随分と大規模な雪崩の跡が残っていて自然の怖さを感じる。インゼルを過ぎて1450mライン一稜取り付きへ、時間はジャスト12時となり少々焦るが安全第一、それでも迅速にこなしてゆく。ドンドン高度を稼ぎ最終ピッチへ、ジェードル状の岩で確かハーケンもあったはずと思い岩場を観察。古ぼけた年代物のハーケン発見、試しに引っ張ってみるとあっさりと抜ける、カム類は持参していなくまた決まりそうな場所も見当たらず難しくはなさそうなのだがここで落ちたら大事なので左より巻いて山頂へ15時着。新道上部は慎重にトラバース、あとはガシガシ下り残雪はコンタ700mぐらいまであるので早い、逆に雪が無くなり登山道が出て来ると疲れもマックスでのんびりと…。16時無事下山しカレーライスと温泉が最高でした!お疲れ様Sちゃん(^^)/
5月9日(火) 積丹岳 今シーズン最後の山スキーとなりました、車は休憩所まで入れて最初こそスキーを担ぎましたが標高470m程からシールで登れました。毎度思いますがここの下りは本当に分かりにくいですね、GPS機能で現在地を把握出来ますが地図読み能力を落としたくないので地図のみで今回も頑張りました。明日から積丹休憩場に泊り翌日の積丹岳〜余別岳〜ポンネアンチシ山ツアーを設定しました、積丹主要3山の全縦走です。 5月12〜13日(金〜土) 積丹岳〜余別岳〜ポンネアンチシ山 
4月30日(日) 幌別岳 蝦夷富士小屋近藤さんに秘密のエリアを教えて頂き良い場所でキトピロとタランボがとれました〜??忍路では思いがけない景色も見れて万歳です。 5月4〜5日(木〜金) トムラウシ山 急遽Aさんからの依頼で行ってきました!1日目はトムラウシ温泉から1040m付近まで登りテント泊、翌日ピッケル&アイゼン準備でスノーシューにて往復、素晴らしい天気と展望でした!Aさんお疲れ様です。

まずはこちらから               



上部6枚の画像&履歴
   


・4月30日(日) 幌別岳
・5月2日(火) 穴滝&赤岩胎内巡り
・5月4〜5日(木〜金) トムラウシ山
・5月9日(火) 積丹岳 
・5月12〜13日(金〜土) 積丹岳〜余別岳〜ポンネアンチシ山 
・5月17日(水) 芦別岳一稜 



       

※日本山岳ガイド協会&北海道山岳ガイド協会所属 山岳ガイドステージU認定

※山岳ガイド「高山」では皆様が山に入るためのサポートを一緒になって考えてゆきます。                                                
クライミングシューズ23.5〜27センチ全8足、レンタル完備(1日500円となります)。

※当会山岳ガイド「高山」の山行レポート&プチ日記について。
ここに掲載されたレポートは、あくまでも私高山の主観に基づいた山行報告であり、山域、ルート、内容等について当会では一切責任を負いません。





開設2004年12月8日

最新更新2017年5月25日


登山口