ふとん籠工








 河川において堤防の浸食を防ぐために用いられた工法で、針金で板形の籠を作り、その中に栗石を詰め込みます。針金の籠なので柔軟性があり、また透水性も良好なため、地すべり地の末端部や崩壊したのり面など、比較的水分の多い土に対して用いられます。


戻る