〜 モーターランド鈴鹿決戦〜后 






2005/06/29

らく2氏がつぶやいた。

「今月、免許更新なんですよ。」 (へぇ、そうなんですか。)

「だから今月は有給が1日取れるんですよね。」 (ま、そうなりますわな。)





「MLS行きましょうよ。」





なんでそうなるかなぁ??(汗)





午前中に免許更新して昼からMLSという作戦だったらしいのだが、何がどう話しが転がったのか

決戦日前の日曜日に免許を更新したらしく、結局当日は朝からMLSという事に。

他のメンバーとしてsyabu氏はもちろんの事、前回は不完全燃焼で終わった赤ウサ氏も参戦決定。

ただし、今回も店の仕込みがあるんで午前中だけの参戦。

んじゃ、ま、今回は4台で…と思った決戦前日の夜、何げに掲示板を覗くと、、、

















「メニュバー」 キタ───────(;゜Д゜)────────!!

何コレ!?釣り??もしかして俺、吊られてる!!





思いっきり食いついてみた。(ガブリ)





いや、そうじゃなくって。 新たなMLS参加者志望の書き込みにドキがムネムネ。

同じNAらしい。 ひやかしかもしれないが、それでも結構、コケコッコウ。

走ってる様子を見て楽しそうだなぁ〜と思ってもらい、次回から一緒に参加してもらえればヨシ。


明日の楽しみが一つ増えた。 さて、そろそろ準備して寝るとしよう…。






───そして翌朝。



メットよし!、タオルよし!、着替えよし!、グローブ…なし!

おそらく前回からずっと車に乗せたままだろう。 無かったら無かったでレンタルもあるし。



5:30に自宅を出発し、いつもの西名阪−名阪国道を通って集合場所の針SAへ。

7:00の予定よりすこし早く15分ほど前に到着。 おっ、あのシメジ黄色は!!

珍しくsyabu氏が一番乗り。 つーか、前日の晩は仕事から帰ってきてほとんど寝てないらしい。

話しをしてると聞き慣れた直管のエグゾースト。 あ、らく2氏だ。


もうしばらくすると赤いGTR、赤ウサ氏も登場。 ニューフェースのMirage氏が現地のMLS

で合流するのか針SAに来るのか分からず、つーか、何処にお住まいなのかも分からず。

とりあえず時間もまだあるし、各自の今日の意気込みなんぞを話してると、少し離れた所にZ33の銀が。

「ん?あれですかね??」 「確かにシルバーだけど…33よ?」 「ま、ま、まさか…。」



「皆さんオハヨウゴザイマス。」



NAって33かよ!!(三村降臨)

まったくもって騙された。 騙されたというか、完全に吊られたー。(;´Д`)




挨拶もほどほどに、まるで珍しい生き物を発見したかのようにまずZ33の全身をなめ回す。

実はらく2氏以外は今までまともにZ33を見た事がない。 私も先日の春野イベントでちょこっと

試乗しただけ。 でも、らく2氏はZ33の試乗車を阪奈峠に持ち込み乗り回したらしいが…。(汗)

パッと見の外観で目立つのは、やはり社外品のFバンパーと19inchのホイル。

しかもホイルはsyabu氏と同じ。 同じといってもサイズとカラーリングは違うんだけれども。

シブイ所ではあのトミーカイラのマフラー。 トミカのマフラーは初めて見た。 うん、高そうだった。(笑)



相変わらず話し始めると止まらない。 気が付けば8時ぢゃねーか!! ダッシュでSAを出発。

いつものようにコンビニ寄って、MLSに到着したのは9時の5分ぐらい前。(やべっ!)

11時枠にしようかなぁ〜とも思ったけど、朝の気温が低い時に走っておきたかったので、syabu氏以外は

9時枠でエントリー。 Mirage氏は見学だけかと思ってたら 「うーん…走ります。」

えー! 本当に走るとは思ってなかったんで少し驚いた。



とにかくドタバタとスタート。 9時枠は走らないsyabu氏にデジカメを預けておく。 「適当に撮っといて!」

今回は特に作戦も無し。 前回と比べ随分気温も上がったし、ベストタイム更新も期待出来ないだろう。

かといって手を抜く訳ではない。 走るからには全開バリバリくれてやるゼ!!








と、まぁ、syabu氏以外の皆で走った訳だ。 タイム??   …んなもん知るかボケ。(暴言その1)

私は「52.6」が当日のベスト。 自己ベストより0.1秒遅れという事で、当日の気温を考えると

秋には現仕様でも自己ベスト更新は間違いないと確信。 それまでタイヤが残ってたらの話しだけども。

えーっと、他の参加者はだって??   …勝手に調べろやボケ。(暴言その2)

覚えてねー。つーか、思い出したくもねー。

赤ウサ号が47、8秒?? らく2氏が51秒台?? Mirage氏が50秒?? syabu氏も50秒台??



だいたいそんなもんだ。



初めてMLS走ったZ33に負けただとか、結局、当日は身内でビリだったんでしょ??とか言ったアンタ、、、










覚悟しいや。













今回は走りに関してはこれで終わり。 さぁ、ここからはお待ちかねのネタいくよ!!








9時枠、11時枠の走行が終わり昼の休憩。

皆でMLS談義に花を咲かせながら談笑していた時、心地よい一筋の風が吹き抜けた。





ヒュューーー。 (あぁ、涼しい)





バタン!





「な、何だ今の音は??」



全員が音のした方向に振り向くと、どうやら風でsyabu号のボンネットが閉まったようだ。

「FRPのボンネットだし、軽いんで風で煽られて閉まったみたいですね〜。」































ってwwwちょっwwwwwおまwwwアレww!!





















触角キタ───────!!





な、なんですかその神がかり的なボンネットの閉まり方はwwwwwwww

しかもボンネットキャッチはちゃんと閉まってるしwwwwwww













別角度からもドゾ。



や、やめてくれー、腹筋がちぎれるぅぅぅーーー!! アヒャヒャヒャヒャ!!

ハァハァ、面白すぎんぞsyabu氏。 しかし、悲劇はコレで終わりではなかったのだ。(笑)





触覚ネタも一段落し、午後からは3時枠にらく2氏とsyabu氏がコースIN。

午後からは雨も降ったりで天候が思わしくなく、エントリーはこの2台でコースは貸切状態。

順調に周回を重ねる2人。 途中でらく2氏がクーリングを取る為にピットINし、コース上は

syabu号1台だけ。 らく2氏に調子を伺おうと近寄っていくと、横から他の参加者に声を掛けられた。





「あの〜、すいません。」

「ハイ!?」

「あの黄色のZ32、お仲間の方ですよね??」

「ええ、そうですが??」













「ボンネットが開いたままですよ。」







































Fガラスにボンネット激突寸前
キタ─────(;゜Д゜)───────!!








笑いをこらえつつ、知らずに周回を重ねるsyabu氏に全員でピットINのサイン。

全員でピットロードまで走り、ストレートを走るsyabu号に向かってお祭り騒ぎ。(笑)

しかし、このまま走行し続けてほしい気も。 (だって、最高級のネタがもうすぐ目の前で!)



「ボンネトー!!」 「開いてるー!!」 「ちょwwおまwww!!」 「志村うしろー!!」



1コーナーを回った所でさすがにこちらに気づき、不思議そうな顔でこちらを見つめるsyabu氏。

とにかく何かあった事だけは悟ったようで、その周回でピットロードまで戻ってきた。



「ボンネットが開いてるゾ!!」 「えぇーーーー!?」



確かにに閉めてから走行してたので、おそらく走行中に開いたのだろう。

再びボンネットを閉めてはみたものの、カチット感がなくボンネットがフワフワしている。

おそるべしFRPボンネット。 歪んだか、先ほどの体を張った「触角ネタ」の影響は否めない。(笑)

「このままはヤバイっすね。」 「ボンピン付けるしかなさそう」 「かといって今ボンピンは無いし…。」









ポク、ポク、ポク、、、チーン。





そうだ!!



















ガムテープを貼ろう。















な、何ですかその眉毛の繋がったZはーーーーー!!! カコワルーーーーー!!

世界一カコワルイZ完成。 もうだめ、テラワロスwwwwwwwww!!!



この状態でもガチンコで走り続けたsyabu氏、グッジョブ。 もう最高。

今回のMLS走行は、おいしい所をsyabu氏に全部もっていかれた1日でした。















私のZではありませんでしが、十分ご期待に応えられたとは思います。

gyusyabuに幸あれ。(プッ)



















悪魔のZに戻る

トップページに戻る