屁のエピソード集

あんなはなし。こんなはなし。
みんなひとつはあるはずだ。
屁の神経衰弱
屁のまじめな話
屁びーびーえす
屁の達人に学ぶ
イラストレーターYANTO
屁の狩人よ,集え!
屁の川柳
屁のことわざ慣用句
屁の管理人部屋

屁には夢がいっぱい

屁のお話・エピソード




屁ひり番人

 むかし,弥太郎という心のよい爺さまがあった。 この爺さまはおもしろい屁をひるので名が知られていた。 その屁は「だんだっ」となるので, 知らないものは誰でもとがめ立てでもされているように思った。 それで,爺さまの屁のことをおもしろがるものと,いやがるものとがあった。 あるとき,ところの長者どのがそれをきいて,爺さまに来てくれといった。 爺さまはなに用があるかと思って行くと,長者さまは「爺,爺,おら家の米倉の番人に なってくれないか,ろくはお前ののぞみ次第だ」といった。 爺さまはたいそう喜んで,その夜から長者どんの米倉の守り番になった。 そして戸前の二畳敷きにまい夜寝ていた。  ある夜,盗人が入って来た。そこそこ米倉にしのびよると, 暗やみのなかからいきなり,「だんだっ,だんだっ」と,どなられた。 盗人はおどろいて一目さんに逃げて行った。次の夜も盗人が入ったが, やっぱりその「だんだっ」の声にたまげて逃げ帰った。それからその次の晩も, その次の晩もと,ちょうど七夜つづけて入ったが,いつも「だんだっ」ととがめ立てされて, とうとう一物も盗まれなかった。  八日目の夜に,「いままでこんなことはなかったが, どうもあの声はただの声ではない,ふしぎだ」と思って, 盗人がそこそことしのびよって見ると,倉番人の爺さまの屁ぴり音であった。 「なんだ,いままでこの爺の屁にたまげて逃げ帰っていたのか, よし来た,こん夜は仇を討ってやる」といって, きゅうり畑へ行ってきゅうりを一本とって来て,爺さまの尻の穴にさしこんでおいた。 それでさすがの「だんだっ」の音も出せないので, 盗人は安心して米俵をしこたま背負いこんだ。 そして帰りしなに少しうろたえたので,きゅうりのつるに足をひっかけて, きゅうりをすぽんと引き抜いてしまった。 すると,よほどたまっていたものと見えて「だんだっ,だんだっ,だんだっ」と, えらい大きな音をひっきりなしに放しつづけた。 それで,寝坊の爺さまも目をさまして,ほんとうに「誰だっ」とさけんだので, 盗人は腰をぬかしてしもうた。それでやっぱりおさえられたということだ。




屁 瓶

 子どものとき,誰でも考えるものに屁瓶があると思います。 屁瓶とは,屁の入った瓶のことです。 管理人の私も「屁を瓶につめることはできないか?」 「屁瓶があればいつでも,誰にでも屁をかがすことができるのではないか?」 と思った頃があります。小学校4年生のときでした。  そのころ,星の砂というものが流行していました。 一粒が,1ミリにも満たない星型の砂が小さな小瓶にいれて売られていました。 私の姉がそれを持っていましたが,飽きがきたせいか,瓶だけが転がっていました。 その小瓶は高さ,4センチほどで,コルクの栓がしてあります。 それを見て,かねてから考えていた屁瓶の作成に早速とりかかったのです。  栓を抜いて,瓶の口をおしりに当て,屁を入れてすばやく,栓をしました。 結果は思った以上のできでした。 有頂天になって,自分で作っては嗅ぎ,作っては嗅ぎ していましたが,そのうち,いろいろな人に嗅がせるようになり, 人を不愉快にさせ,喜びました。 私のいとこも,その発明と臭いに大喜び。  しばらくすると,「もっと,高密度に屁を閉じこめることはできないか?」 と考え始めます。向上心の強い子どもです。 そこで,熟考しました。結論にいたりました。 「ズボンをはいて尻に瓶を当てているから,尻と瓶の間を通過する 間で臭いが多少薄くなるのではないか。 それなら,尻に直接当てれば相当じゃないか!」 早速,制作開始。いとも簡単に完成。  いとこが家に遊びに来たときに早速,報告しました。 「すごい,生屁(ナマヘ)やっ」 彼は喜び,臭いを嗅いでは臭い臭いと大はしゃぎ。  しかし,その瓶は彼が帰ってからも臭かったのを白状します。 その臭いは,屁の臭いではなく,肛門の臭いだったと確信します。





初老の屁

 これは私の父の会社のひとの話です。 父が帰宅後,夕飯の席での話。 「今日,会社のおっさんでおもろい話してたやつおるねん。 そのおっさん,昨日,休みよってんけど,めったに休む おっさんやないから,どうしたんやろうかってみんなで 言うとったんや。 そしたら,今日おっさん教えてくれてんけどな, これがおもろい話や。 昨日そのおっさんは会社に行こう思て,電車には乗ったんや。 そしたら,おっさん,屁でるんちゃうかなと感じたんやと。 だから,えいっ!と力入れたらしいわ。 ほんだら,実が出てしもたらしい。 えらいこっちゃ。 それで,慌てて電車おりて,トイレに駆け込んだらしい。 それから,また電車で家に帰ったんや。 職場みんな,大笑いやったで。 おっさんは真剣に言いいよるねん, 『おまえら,わろてるけどな,年いったら, みな,そないなるんやっ。』 それで,また,大笑いしてもうた。」 以上が父がした夕食での話。 ほんまに年いったらそうなるんだろうか。 そう言えば,あの年代のひとは, 「こらっ!」とか「えいっ!」と言って 尻を半分挙げて屁をするけど, 何でやろうねぇ。




犬に屁を

 犬は人間ではおよびもしない鋭い嗅覚を持ってるらしいです。 犬に屁を嗅がせると,どういう反応をすると思いますか? 我が家の愛犬,ミニコリーのジョン君でためしてみました。 私は,逃げたり,吠えたりすると思ったのですが, ジョン君の反応はこうでした。  ジョン君は,私が家から帰ってくると走り寄ってきて, 手を噛んだり,カバンを噛んだり,飛びついたりして, 大喜びしてくれます。  その日も同じように走り寄ってきて,噛み噛みしてきました。 ジョン君が尻の辺りに来たときに,ぶりぶりっと かましてやりました。  すると,ジョン君はかなり驚いた表情を見せました。 ぴたりと動きを止め,警戒しています。 そうです,臭いよりも,その音が彼には驚きだったのです。 どこから,その音がしたのか? 何の音か? キョトキョトしました。 また,ぶりっとすると,真剣な表情で きょろきょろ辺りを見回します。  犬にとって屁は不思議な訪問者なのでしょうね。