05年度山行記録
番号 山行日 山 名 標高 人数 天候 メ   モ
96 3/31 仙人ヶ岳
三毳山
663
210
4 エイザンスミレ、ヒナスミレ、シュンラン、アケボノツツジが見頃だった。ついでに三毳山のカタクリ見学も
95 3/26 五地蔵山 4 ワカンとピッケルでトレーニング
94 3/22〜23 茶臼山
碁盤石山
鳳来寺山
本宮山
789
1189
684
789
3 茶臼山からは南アルプスと白山まで望めた。鳳来寺山や本宮山は見通し無し。宿の湯谷温泉では朝9時までのんびり
93 3/19 虫倉山 1378 5 トレーニング山行
92 3/16 嵩山
岩櫃山
789
803
3 両山とも低いが山頂付近は岩山で変化があり楽しい。眺望も抜群だった
91 3/7 宝登山
四阿屋山
497
772
5 今年最初の花旅。宝登山のロウバイ、マンサク、福寿草、四阿屋山の節分草などなど
90 3/5 飯綱山 1917 1 山頂の看板がすっぽり埋まっている
89 2/28 毛無山
十二ヶ岳
鬼ヶ岳
1500
1683
1738
3 展望の尾根歩きのつもりが、富士どころか足和田山も見えない。節刀ヶ岳を含めて再挑戦品ければ
88 2/21〜22 鍋割山
塔ノ岳
丹沢山
蛭ヶ岳
檜洞丸
1273
1491
1567
1673
1601
4 二俣から鍋割山へ、名物の鍋焼うどn(@980)はさすがに美味しい。塔ノ岳からはアイゼンを付ける(積雪10cm程)。丹沢山のみやま山荘は我々で貸切、新しく気持ちの良い小屋で宴会(夕方富士に沈む夕日に感激)。二日目快晴、蛭ヶ岳手前でご来光、富士、南アルプスが素晴らしい。蛭ヶ岳から檜洞丸間は足跡無し、長かった。西丹沢から二俣までタクシー1万円
87 2/19 根子岳 2207 5 北信五岳、北アから富士山まで望む
86 2/18 茂来山 1718 5 風もなく静かな山頂から360度のパノラマを楽しむ
85 2/14 十二ヶ岳
小野子山
1201
1208
3 十二ヶ岳は眺望抜群。360度見飽きない。小野子の急登は40〜50cmの雪で滑る。温かい陽射しの中で谷川連峰を眺めながらのんびり食事
84 2/12 白馬岩岳 1290 6 ゲレンデからの入口が分からず一苦労。待望の白馬の山並みは見えず残念。ラッセルのトレーニング?
83 2/7 稲含山
黒滝山
1370
870
5 路面凍結でいづれも登山口2キロ手前から歩く。稲含山からは絶景、黒滝は馬の背渡りまで
82 2/5 霧訪山 1305 7 快晴で大展望
81 1/31 立岩 1265 4 ぐるっと周回3.5時間、帰りに佐久のビンコロ地蔵にご挨拶
80 1/29 上高地 1500 5 最高の冬晴れ
79 1/23 日向山 1660 3 砂漠の山頂はまるで別世界
78 1/22 戸谷峰 1629 5 快晴、山頂の大展望は素晴らしい
77 1/17 掃部ヶ岳
杏ヶ岳
1449
1292
3 榛名冨士を眺めながら掃部、杏と歩く。浅間や上州穂武尊がきれい。杏から倉渕側へ下り一苦労
76 1/15 御岳山
兜岩山
1368 6 今年最初の山行。荒船不動から八ツ、浅間、両神などを眺めながら
75 12/25 飯綱山 1192 5 大雪の中ラッセルで4時間。360度の大展望
74 12/20 御正体山 1682 3 -10度と厳寒の長野を脱出、南アルプス、冨士、丹沢などの山々がくっきり
73 12/13
〜14
千葉6座 3 鋸・伊予ヶ岳・富山・御殿山・愛宕山・清澄山の6座をを民宿一泊で
72 12/11 角落山 1393 5 15cm積もった雪の上を歩く。浅間がきれい。剣ノ峰は道が険しく途中で断念。はまゆう荘でザブン
71 11/29〜30 愛宕山
六甲山
924
931
4 紅葉真っ盛り。六甲ではイノシシがお出迎え。有馬の宿は上々
70 11/27 熊伏山 1653 6 長野県最南端の山。南アルプスや静岡の山並みがバッチリ
69 11/23 丁須ノ頭
(裏妙義)
1057 7 20mのチムニや赤岩基部のトラバースなどスリル満点
68 11/20 物見山
八風山
1375
1315
7 葉が落ちた木々に真っ白な氷の花。360度絶景
67 11/15 荒船山 1423 5 快晴の中浅間がきれい
66 11/8〜9 帝釈山
那須岳
2060
1917
3 帝釈山の山頂からは名峰が全て望めた。那須岳は風が強く雪も降り出したので朝日岳のみで下山
66 11/6 湯ノ丸山
角間山
2101
1981
7 北アルプスや冨士までバッチリ。下山後鹿沢温泉で汗を流し蕎麦をいただく
65 11/3 富士見山 1640 7 晩秋の山梨の山を楽しむ
64 11/1 御坂黒岳
釈迦ヶ岳
1793
1641
5 雲ひとつ無い秋晴れ。新道峠から黒岳往復、移動して釈迦へ。釈迦の山頂は360度絶景。冨士はいつまでも見飽きることが無い
63 10/30 風越山 1535 5 飯田市民のシンボルの山を
62 10/29 戸隠山 1904 3 水質検査を兼ねて
61 10/25 明星山 1186 4 サカサ沢から、紅葉の山頂から薄雪の朝日、雪倉、白馬が
60 10/23 甘利山
千頭星山
1731
2139
3 最高の秋晴れ、冠雪の富士や浅間など展望抜群
59 10/18〜10/19 下ノ廊下 5 想像以上に凄い道。天気良し、露天風呂良し、キノコどっさり。31キロをよく歩いた
58 10/16 飯綱山 1197 1 前日の雨で予定の天狗原中止。まずまずの天気だったので霊泉寺から
57 10/11 鉾ヶ岳 1317 4 お目当てのキノコをどっさり。結構きつい山だった
56 10/8 浅間隠山 1757 5 登り口を間違えてしまい途中で断念、風呂でさっぱり
55 10/2 乾徳山 2031 7 巻機山予定を変更して晴の乾徳山へ。冨士がバッチリ
54 10/1〜2 西穂高岳 2909 5 ガスで全く眺望なし。二日目焼岳へ縦走したが雨になったので焼岳小屋から上高地へ下山。途中でツェルトを張りビバークの練習
53 9/27〜9/28 霞沢岳 2646 4 何回も流れた霞沢やっと成功。穂高連峰や大天井、常念がバッチリ。キノコ汁汁もおいしかったが、長かった。
52 9/23〜9/25 北穂高岳 3106 4 涸沢テント連泊で北穂へ。360度大展望。パノラマコースで下山
51 9/20〜9/21 朝日岳
白毛門
1945
1720
3
ガスの中土合橋〜蓬峠で清水峠避難小屋泊。翌日快晴の中朝日、笠、白毛門と縦走を楽しむ。下りの長い急登はきつかった
50 9/18 火打山 2462 5 晴天の中火打往復。紅葉はちと早い
49 9/17 妙高山 2454 4 燕温泉から峰ノ原へと大縦走。親切な人に登山口まで送ってもらう
48 9/13 鍬崎山 2070 4 ゴンドラが休みだったので大品山までで断念。奥大日や立山三山を覗く
47 9/10 十石山 2525 11 静かな山、往復7時間弱。雲間に乗鞍や穂高を見る。山頂の三角点は寂しそう
46 8/31 金城山 1360 3 大倉登山口から周遊5.5時間。巻機山がすぐそばで越後三山の眺めが良い
45 8/27〜8/28 富士山 3776 5 雲の中からのご来光は最高。山小屋は地獄。ともかく日本一の山
44 8/20 雨飾山 1963 4 天気良し、景色良し、花良し。気分最高
43 8/19 越後駒ヶ岳 2003 2 枝折峠からピストン7.5時間。山頂はガスで雨の中を下山。登山者50人
42 8/16〜8/17 西穂高岳 2909 2 上高地から登り西穂山荘でのんびり。下山後上高地温泉で汗を流す
41 8/14 燕岳 2763 3 合戦尾根を登り燕、北燕を登って東沢乗越経由で下山。コマクサ大群生に感激
40 8/9〜8/10 餓鬼岳 2647 4 唐沢を諦め土砂降りの中を下山。小さな家庭的な餓鬼小屋
39 8/7 北八ツ縞枯山他 2403 4 麦草峠から八柱山、雨池、縞枯、茶臼と周遊
38 8/6〜8/7 蓮華〜船窪 1 船窪でテント泊
37 8/6〜8/7 種池〜針ノ木岳 4 静かな花街道。剣、立山と黒部湖を見ながら
36 8/2〜8/4 表銀座縦走 4 一日目中房から燕、大天井へ登り大天荘泊、二日目西岳、東鎌尾根経由で槍へ登り、大喰、中、南を歩いて南岳小屋泊、三日目天狗原の逆さ槍を見て上高地へ。天気まずまず、計画通り歩けて大成功
35 7/31 常念岳 2857 3 予報に反して天気は良くなり快適な尾根歩きを楽しむ。久々のテント泊
7/30 蝶ヶ岳 2664
大滝山 2616
34 7/24 仙ノ倉山 2026 7 松手山からは花畑の中を快適な尾根歩き
平標山 1984
33 7/22 白馬岳 2932 3 再度朝日の朝日を踏み雪倉、白馬へと縦走。まさに花盛りでウルップソウやしおれる寸前のツクモグサにも会う。翌日雨の中を出立し10時前に下山。温泉最高
雪倉岳 2611
7/21 朝日岳 2418 蓮華温泉から目の前の朝日を大きく迂回して約9時間。山頂の乾杯はうまい
32 7/19
20
種池〜針ノ木岳 2 コマクサやキヌガサソウがきれい
31 7/19 宝剣岳 2931 3 ガスで周りが見えず、本当にここが山頂?。千畳敷のクロユリが可憐
三ノ沢岳 2836 ロープウェイでは富士まで見えたが歩き出すとガス。コマウスユキソウが寒そう
30 7/18 唐松岳 2696 6 シラネアオイやニッコウキスゲ、コバイケイソウなど花盛り
29 7/17 苗場山 2145 7 湿原の花々は見事。コバイケイソウが8年ぶりの当たり年
28 7/8 樽前山 1041 5 予報では曇りから晴なのに登山口から合羽。散々の北海道旅行だったが白と赤のコマクサに会えたのと秘湯の丸駒温泉が良かった
7/7 後方羊蹄山 1898 8時過ぎ、雨が上がったので挑戦。エゾツガザクラやメアカンキンバイなど花が綺麗だった
27 7/3 常念岳 2857 5 一ノ沢から日帰りで。槍などの展望バッチリ
26 6/30 栗駒山 1627 7 今日も快晴。鳥海、月山を見ながら周遊4.5時間。
6/29 秋田駒ヶ岳 1637 快晴で360度の展望。コマクサ群生地のタカネスミレは素晴らしい。立寄りの鶴の湯と宿の須川の両秘湯も最高
6/28 森吉山 1454 まさに花の山。50種近い花が認められた。宿の森吉山荘はまずまず
25 6/26 金ヶ岳 1764 18 会員9名、一般参加者9名の計18名、バスを借りて出発。あいにく曇り空で遠望は利かなかったが、参加者全員が金ヶ岳まで登ることができた
茅ヶ岳 1704
24 6/23
24
荒沢岳 1969 4 前ーの手前はクサリとハシゴの連続。きつかったが初めて見るムシトリスミレ他花いっぱいの山だった
浅草岳 1586 お目当てのヒメサユリは山頂では蕾だったが途中には可愛く咲いていた。
23 6/19 守門岳 1537 7 ヒメサユリが素晴らしい
22 6/12 戸隠山 1904 1 トレーニングを兼ねて
21 6/12 焼額山 2010 3 整備された登山路、スキー場を縫いながら登った山頂は天上の楽園。稚児池や湿原に咲くワタスゲ、ヒメシャクナゲ、ミズバショウが素晴らしく、雲の上に頚城三山や白馬、鹿島鑓がくっきり。
高標山 1747 ツバメオモトやサンカヨウなど花が多く、急坂もなく歩きやすい山。鳥甲山など山頂の展望も最高
20 6/6
7
八ヶ岳 2899 5 ツクモグサ満開、オヤマノエンドウ、クモマナズナなど花を楽しみ天望荘(驚くほどのサービス満点)。日の出と富士を見ながら赤岳、権現、編笠と縦走し観音平へ。きつかったが最高の旅
19 6/5 尼厳山 781 8 労山一斉のクリーンハイク。保基谷岳も予定に入れていたが林道工事で通行止め、代わりに尼厳山も。全体に少なかったが山頂に二日前と一ヶ月前のゴミあり
奇妙山 1100
18 6/4 金ヶ岳 1764 5 6月26日の一般募集山行のための偵察。ミツバツツジやレンゲツツジが満開
茅ヶ岳 1704
17 5/31
6/1
八ヶ岳 2899 2 ツクモグサとホテイランに会え、天気もよく大きな花丸の山行
16 5/29 南木曽岳 1677 7 新緑の南木曽岳を周遊
15 5/27 高遠山 1221 1 高遠山の新ルート探し
14 5/23 奥三界岳 1810 4 奥深い山で林道歩きが長い。山頂展望台からの御岳は期待はずれ
13 5/21 鏡台山 1269 1 未知のルート北尾根より登る
12 5/17 浦倉山 2091 4 ヤブコギあり、残雪ありで不明瞭な登山路を下りに間違えて30分ロス。見晴らしがよく、周りの山は良く見えたが麓でも途中でも浦倉山自体を見極めることができなかった。イワナシ、ニリンソウ、ヒメイチゲに会う
11 5/15 上田虚空蔵山 1139 20 上田コマクサ山の会12名との交流山行。ニリンソウの群生の中を歩く
10 5/11 御在所岳 1212 3 中道から登り一の谷新道を降りる。アカヤシオ、シロヤシオが素晴らしい
5/10 藤原岳 1140 花の山。フタバアオイとヤマブキソウに初めて会う
9 5/8 岩菅山 2295 4 眺望を楽しみながら残雪の岩菅を歩く
8 5/8 一夜山 1562 5 恒例の山菜山行。山頂での天ぶらは最高。ついでに奥裾花まで足を伸ばしミズバショウ見学
7 5/1 陣場平 1258 7 寂しい一等三角点、ショウジョウバカマが多い
大姥山 1000 信州新町から、山頂直下まで車が入る
長者山 1160 静かな里山、シュンランやフデリンドウに会う
6
4/30 燕岳 2763 1 春のアルペンムードを満喫
5
4/26 ドンデン山 934 3 アオネバ渓谷の花々にはただ感嘆
4/25 金北山 1172 防衛庁に占領されたような山
4
4/24 飯綱山 1917 3 快晴の我がふるさとの山
3
4/17 諏訪山 1549 3 西上州の奥深い静かな山だが意外と登山客が多かった
2
4/17 五地蔵山 1998 5 東尾根の雪渓を登る
1 4/13 武奈ヶ岳 1214 4 天気まずまず。昨日の分を取り返す
4/12 比叡山 848 山頂までたったの5分
蓬莱山 1174 雨とガス、花も早かった