CuTE aS heLL

- いつでも どこでも だれとでも -
HOME解離と離人症なんか言わせてうさぎ&ハムマリリンれんらくちょうリンク







+ 症状
  ・どんな感じなの?
  ・離人症と自閉症の違いは?

+ 回復のために
  ・治療は必要?
  ・精神科ってどんなとこ?

+ 周囲との関係
  ・なぜ閉じこもる?
  ・どう接したらいいの?

+ 心的外傷のこと
  ・「虐待」との関連は?
  ・虐待・PTSD関連リンク
  ・PTSDって何?わたしはPTSDなの?


+ 解離性障害Web Ring
  参加サイト募集中 !
クリック !




離人症の発作が起こるとき、胸の中が空っぽになっていく感じがしました。そ
の感覚が苦しくて気持ち悪くて胸をこぶしで叩くのですが、次第に感覚が鈍く
なっていき、強く叩いても痛みが感じられなくなっていきます。「痛み」の感覚
を取り戻そうと、指を噛んだり、口の中で舌を強く噛み続けたりしました。外か
ら見たら 「自傷」 と同じことなのですが、自分では空っぽになっていく自分の
体に、自分の感覚を呼び戻そうとしているつもりでした。離人は、「自分がここ
にいない感じ」「体が大きくなったり小さくなったりする」など感じ方は人それ
ぞれで、なかなか言語化しにくい症状です。私は通っている医者に、「自分だ
け周囲と同一の次元に存在していない感じ?」と聞かれて、「ああ、それ!!」と思
いました。
 酷いときは、人の声は聞こえるのですが、内容がつかめなかったり、理解
するのに時間がかかったりして、会話が困難になります。言葉によるコミュニ
ケーションの障害は、自閉症と似ているかも知れませんが、自閉症は生まれ
つきの障害で、心理的な原因でなるものではなく、また自閉症の場合、外界
から逃げ込める豊かな世界を内面に持っていることも、離人症との違いとし
てあると思います。
※ついでに自閉症について学ぼう… →あたらしい自閉症の手引き
 見た目には、ちょっと目を見開き気味で、焦点が合ってないような感じにな
ります。眠そうにも見えるらしいです。

解離は、後になってそのときの記憶が全く無いので、気づいたときにとてもシ
ョックを受けます。離人症は発作時の異常な感覚、現実感の無さももちろん
ですが、そういう不可解な感覚に陥ってしまったこと自体が、「みんなと違う」
「私だけがこんなことで悩んでいるんだ」とますます周囲への違和感を増して
しまいます。体のケガのように、目に見えて血を流していたりはしませんが、
解離も離人も、本当につらい症状です。私は離人の発作が起こっているとき
は「息をしているだけでも辛い」です。「解離性障害」が「精神障害」として、一
般の人には「心の病気」として認知されるようになることが、この「目には見え
ない」辛さへの、社会からの冷たい視線( 要するに「怠け者」扱い)を少しでも
和らげる効果を持つのなら、ぜひそうあって欲しいと思います。
※解離性障害や離人症の定義等については↓を参照して下さい。
解離性障害についての詳しい話
http://dissociative-disorder.kdn.jp/survivor/disorder/dissociation/disorder.html


解離も離人症も、衝撃的な体験の直後一時的に症状が出るのは、自分を守
るための正常な脳の機能なのだそうです。たとえば、目の前で自分の子供
が車に轢かれる、という事故を目撃してしまった母親が、しばらく現実感がな
くなったり、ぼーっとしてしまうことがりますが、それは辛い現実から自分を守
ろうと脳がとる必要な反応だそうです。慢性的な場合や、症状が出たり治ま
ったりしながら何年も続いている場合は、この反応がクセになっている可能
性がります。生活上困るのなら、病院へ相談に行くといいかもしれません。
医者嫌い、「昔ながら」にこだわるなら宗教です ! 宗教は、人間の心について
は、精神科よりも老舗です。

精神科では、一応診察、投薬が行われます。精神科で薬をもらうというと、す
ぐ「薬漬けにされる」と心配する人もいますが、今すぐの辛い状態を和らげる
ためには、お薬 ( 安定剤や眠れない場合は睡眠薬など ) も必要だと思いま
す。副作用が出るものが多いので、その場合は文句を言いましょう。

「離人症に効く薬はないと言われています」と私の医者は言いました。思わず
「じゃあ、治らないんですか」と聞いたら、先生は「治ります。症状や発症の原
因、経緯などを、言語化できるようになれば」と言われました。根本的に治す
のは薬ではないということです。解離も離人ももともとは脳の正常な働きだっ
たのだし…。
なぜそれがクセになったのか、推理小説のように、ひとつずつ絡み合った糸
をほぐしていくのが精神分析です。発症の原因や、発作のきっかけが何とな
くでもわかれば、そこからは回復にかかる時間も方法も人それぞれです。回
復そのものの定義も違ってくると思います。

「最近調子良かったのに、またなってしまった…」と落ちこんだり「早く立ち直
らなければ」と焦ったりすることは、ますます症状を長引かせることになりが
ちです。「回復はらせん状」と聞いたことがあります。たまには推理小説から
離れて、リラーックスして病気から気持ちをそらしましょう。あたたかいものを
飲みながら、コメディ映画のビデオを観たり、子どもの頃好きだった絵本など
を読むのがおすすめです。
※笑ってねリンク集は… →こちら



解離性障害や離人症の診断を受けていても、普段は普通にコミュニケーショ
ンもとれ、生活ができることが多いと思います。そのため、周囲の人にはなか
なか発作時の辛さが伝わないし、本人も記憶があいまいで症状をうまく説明
できません。発作のきっかけが掴めないうちは、いつ、どこで起こるかわか
らない上、起こってもまず周囲の理解は得られないとなれば、部屋に閉じこ
もってしまいたくもなります。

仲のいい友達でも恋人でも、同じ病気でない限り本当にその発作時の状態
を「わかってもらう」ことはできません。本人も「無理解」な対応に苛立つので
すが、周囲にとっても、苦しむ本人を前に「何もしてあげられることがない」と
無力感に陥ることになります。「クヨクヨしないで」「がんばって」「元気出して」
などの言葉がつい出てしまって、そんなつもりはないのにプレッシャーをかけ
てしまいます。原因を探ろうとして本人は心理・精神関係の本を読み漁るの
ですが、端から見ていると「そんな本ばかり読んでいるからマイナス思考に
なるんだ !」と思えてしまいます。

それはある意味、自分は健康だからです。一緒に病気になってもいけないの
で、それはそれで良いです。でもどん底から立ちあがろうともがいている人間
の姿がそんなにみじめでしょうか。本人の回復力と生命力を信じてください。
周囲の人にできることは、たとえばあなたと話しているときだけでも本人が笑
顔を取り戻せるように、少しでも笑わせてあげることだと思います。笑うことは
発作時にも良い刺激になります。
あと、話を聞きながら、こっちまで気持ちが沈んでくる、と思ったら、こっそり
聞き流すのもアリかも・・・バレたら怒られますが。自分自身を大事に、趣味
や交友関係もそのまま続けてください。共倒れにならないためにも。



心的外傷 ( PTSD )
解離・離人症には「心的外傷」が関わっていると言われています。
「解離性障害」の中でも特に「同一性障害」は、幼児期の(性)虐待との関連が
指摘されています。「性虐待」というと、他の虐待(ネグレクト・身体的暴力など
)に比べて異常性が高く、例外的に思われがちですが、匿名であったり、信頼
できる病院であったり、安全に発言できる場が与えられたとき、性虐待の被
害を告白する人は多いといいます。( 「偽記憶症候群」という語を用いて否定
する動きもありますが)
また、わたし自身、性虐待の被害者として感じているのは、「性虐待」は、子
どもから力を奪い、大人の欲求のためにabuseする、という点で、他の虐待と
比べて根本的な違いはないのではないか、ということです。あらゆるタイプの
虐待者が、性的な虐待にも手を染めかねない、と考えています。ただし性虐
待はA・ミラーが「魂の殺人」と呼んだように、性虐待は他の虐待よりも被害
者から非常に「効率的」に、生きる力や主体性を奪います。
一部の「解離性同一性障害」の方々による、幼児期の虐待についてのカミン
グ・アウトが、「子ども虐待」やその対応を、社会が考えるきっかけとなれば、
と思います。
児童虐待が脳に残す傷 http://www.kineyafudousan.co.jp/nikogaoka/16/16-90.htm
☆ ジュディス・ハーマンは著書『心的外傷と回復』の中で、戦争帰還兵や天
災被害などのPTSDとは区別して、「複雑性PTSD」という診断名を提案しまし
た。( でも、認められなかった。) 私の個人的な体験や、具体的な話はここで
はしません。おすすめのサイトを紹介して、コソッと逃げておくことにします。
※虐待・AC・PTSD関連「厳選」リンク集は…→こちら
※「わたしはPTSD?」という方は【PTSD.info】へ…→こちら

PTSD・解離の診断を受けた本人が、悩んだり勉強したりしながら書いてます。
素人ですが、もし参考になれたら、↓から投票してくださると励みになります。

[ prev| next | random | list ]
Copyright *CuTE aS heLL*
All Rights Reserved.