石橋正次(SYOJI ISHIBASHI)


主な高樹蓉子との共演者
INDEX
川崎あかね
山吹まゆみ
藤山律子
皆川妙子
青木伸子
笠原玲子
牧紀子
田辺靖雄
林ゆたか
大浜詩郎
平田昭彦
天本英世
水谷邦久
石橋正次
亀石征一郎
中山昭二
江見俊太郎
HOME
サイトマップ
主なテレビ作品一覧
映画作品一覧
主な共演者の一覧
写真集
RINK
高樹蓉子の掲示板
高樹蓉子のビデオ、DVD集
東大出身特撮悪役3人衆
宝塚出身特撮悪役3人

            
目次
生い立ち
新国劇時代

フリーの時代
高樹蓉子との共演


生い立ち

 生年月日:1948年11月12日
本名は石橋正次(いしばし まさつぐ)、大阪市東住吉区の出身で、高校時代からボクシングを行っていた(成績は1勝1敗)がその後はぐれてしまい、けんかばかりしていた(それ自身、矢吹丈そのもの)。大阪電気通信高校(現在の大阪電気通信大学付属高等学校)を卒業し、上京して1967年10月に島田正吾の門を叩き、新国劇へ入団した。入団のきっかけは高校卒業後、何をやろうか大阪で放浪していたとき、たまたま見た新国劇の「同期の桜」に感激したためである。

新国劇時代
新国劇へ入団した石橋は1970年に藤田敏八監督の「非行少年 若者の砦」に出演し、同年には「あしたのジョーの舞台」、「実写版あしたのジョー」にそれぞれ主演している。
「あしたのジョー」に出演した石橋正次はそこで主役を与えられたわけだが、彼は当時新国劇の研究生であった。研究生で主役を与えられたのは「必殺必中仕事屋稼業」などに出演した緒形拳以来である。「あしたのジョー」で人気の出た彼はその後、テレビ等で出演依頼が多数来るようになる。
その後は「飛び出せ!青春」で不良生徒役で出演し、以後、色々なテレビ番組に出演している。1973年頃に新国劇を退団している。
新国劇での一番の友人は石橋の2年後に入団し、「仮面ライダー」で有名な佐々木剛である。彼との対談で当時の石橋の趣味は愛車のジープで朝早く富士山に登る事だった。
戻る

フリー時代
新国劇退団後、主にテレビを中心に出演し、「事件狩り」(1974)、「夜明けの刑事」(1974)、「火曜日のあいつ」(1976)、「スクールウォーズ2」(1990)、「ヤヌスの鏡」(1985)などに出演している。
映画では中川信夫監督の遺作の「怪異談 生きてゐる小平次」(1982)で主人公の小平次の幼馴染、太九郎を演じた。他にも「帝都物語外伝」(1995)に出演している。
私生活では5男1女をもうけ、子供を家庭菜園や家事を通じて育てており、子供に関する著書『SWEET BABY』や『子育て6人奮闘記』がある。次男の石橋正高も俳優になった。

戻る

高樹蓉子との共演
 「実写版あしたのジョー」や「事件狩り」などで共演している。「実写版あしたのジョー」では主人公のジョーを慕う?白木葉子役だった。

        「実写版あしたのジョー」より

ご意見等のメール
HOME リンク集 高樹蓉子の映画作品集 高樹蓉子の主なテレビの作品集 サイトマップ
高樹蓉子との主な共演者集
 高樹蓉子の写真集
 
高樹蓉子の半生 高樹蓉子のビデオ、DVD集
旅の館