買い物自転車(ママチャリ)後輪のパンク修理  2005/8/27製作
【もくじ】
はじめに
使用するパンク修理キット
バルブの取り外しと虫ゴムの確認
タイヤが外れるしくみ
タイヤレバーを使わない方法
タイヤレバーを使う方法
チューブに空いた穴を探す
タイヤに刺さった異物の除去
パッチの貼り付け
パッチ貼りの実験
チューブの装着
タイヤをはめ込む
タイヤに空気を入れる
道具について
【参考にさせて頂いたサイト】
YouTube cycleseek 自転車のパンク修理(アマチュア編)
YouTube cycleseek 自転車のパンク修理(プロの技編)
YouTube おかもとまさのり氏製作「パンク直し」(切り絵アニメーション)
YouTube KURUMANDARA氏「タイヤのパンク修理・WO編」(動画 2分10秒)

マルニ工業株式会社
パナレーサー(ナショナルタイヤ株式会社)  パンク修理方法解説
寿サイクル 「いろいろなパンクの種類
Sunnyside feelin' パンクの原因と予防について
サイクルショップ ヒラガ パンク修理法
林サイクル商会 「自転車パンクの修理」ですよ〜!

<参考文献>
永井隆正『MTBメンテナンス改訂版』(えい)出版社2008
買い物自転車のパンク修理を後輪を外さずにやってみましょう。

買い物自転車は車軸がナットで固定されており、ここにはスタンドや変速機、泥除けの支持棒などが共締めされています。これらの部品を外すのは手間が掛かりますので、車輪を装着したままパンク修理するのが一般的なやり方となります。

マウンテンバイク等のスポーツ自転車は、レバーを倒すだけでロックされる「クイックリリース方式」(quick release)が採用されているので容易に車輪を着脱できます。万が一パンクした場合は車輪を一旦外して作業する方法が効率的のようです。
チューブは左側へ外します。右側はチェーンやチェーンカバーがあるためです。
使用する道具
百円ショップにて「パンク修理セット」を100円で購入してきました。セット内容は以下の通りです。必要十分な修理機材がコンパクトにまとめられており、付属のタイヤレバーもシンプルな形状ながら使いやすい印象です。

・プラスチック製タイヤレバー2本
・紙やすり
・パッチ3枚
・ゴムのり
バルブの取り外しと虫ゴムの確認
まず、バルブを外します。この時、バルブの「虫ゴム」に異常がないかどうかを必ずチェックしましょう。「虫ゴム」がボロボロになって空気が漏れているケースが往々にしてあるからです。「虫ゴム」交換だけで直れば以下の作業は必要なくなります。

また、タイヤの全周をチェックし、異物が刺さっていないか確認します。さらに、異物をすぐに抜いてしまわず、バルブの位置を基準に車輪の何処の辺りに刺さっていたかを確認しておきます。そこからチューブに空いた穴の位置を大まかに推定する事ができます。
ボロボロに劣化した虫ゴムです。パンクだと思ったら実は虫ゴムの劣化だったというケースも十分考えられます。

自転車屋さんにパンク修理依頼する前に、虫ゴムだけでもチェックしておくと余計な手間が掛からずに済むかもしれません。虫ゴムは少なくとも1年に一回は交換しておくと安心です。

または虫ゴムを使用しない「スーパーバルブ」に交換してしまうのもひとつの手段です。スーパーバルブについては当サイトの「自転車用新型バルブ」でご紹介しています。

さらに、チューブ自体を交換し、自動車やオートバイにも使われている米式バルブにする方法もあります。「自転車 米式バルブチューブの使い方
新しい虫ゴムを装着しました。

バルブ本体の凸を乗り越えるまで虫ゴムを入れるのがポイントです。
「虫ゴム」は正常だったと仮定します。

次にバルブ口を固定しているナットを外します。一切工具を使用しないつもりだったのですが、ナットが指で緩まなかったので、止むを得ずプライヤを使用しました。

プライヤは自動車の車載工具になっていた安価なものです。

チューブを取り出す
チューブの取り出し時・装着時にタイヤレバーでチューブに穴を空けてしまう失敗があります。

タイヤがなかなか外れず、力を入れてタイヤレバーをグリグリやっていると、いつの間にかチューブに穴が空いているというパターンです。

買い物自転車(ママチャリ、シティサイクル)のタイヤならば、ホイールと接する「ビード」(耳)部分はそれほど固くありません。慣れてくるとタイヤレバーを使うのは最初と最後の一押しだけになります。

闇雲(やみくも)に作業するのではなく、タイヤとホイール(リム)の関係を頭の隅に入れておくと、力を使わずにスムーズなタイヤ着脱が出来るようになります。
空気が一杯に入った通常の状態では、タイヤの「ビード」はチューブの押し広げる力によってホイールに密着しています。

しかし、空気を抜いて「ビード」をホイール中央の溝に「落とす」と、反対側のビードには隙間ができます。この隙間を利用してタイヤの着脱をしていることになります。


買い物自転車では「ビード」が軟らかいので、何も考えずに力ずくで作業しても外れてしまいます。ところが、オートバイのタイヤ交換になると、しっかりと「ビードを落とす」事なしにタイヤは外れないことになります。
一般車のホイールリムは中央が凹んだ形状になっています。(シングルウォール)

<参考リンク>
サイクルベースあさひ > リムについて
空気を抜き、タイヤのビードを中央の凹みに落とします。
右下側のビードをしっかりと落とし込みつつ、左上のビードを引っ張り上げれば、タイヤとリムには隙間が生まれます。そこにタイヤレバーを入れればスムーズに外せることになります。

永井隆正『MTBメンテナンス改訂版』(えい)出版社2008 69頁を参考にさせて頂きました。
タイヤレバーを使わない場合
左手でタイヤをリムから引き上げます。
反対側の右手でタイヤのビードを落とし込みます。
ビードが落ちていない状態です。タイヤ側面の"KOURIER"の文字が見えます。
ビードが落ちた状態です。タイヤ側面の文字がほぼ隠れてしまうほど、リム中央に落ち込んでいます。
両手でビードを持ち上げます。リムとタイヤの間に隙間(すきま)が生じます。
リムに掛けた親指を支点に、反対側にある残りの指でタイヤを手前に引き出します。
左手でタイヤを押し出しながら、隙間に右手を入れます。
両手をタイヤトリムの隙間に差し込み、左右に外していきます。
タイヤレバーを使う場合
タイヤレバーを使用する場合です。

この時の注意点はタイヤレバーでチューブを傷つけないようにすることです。

左手でタイヤを引っ張り上げ、タイヤの耳(ビード部分)とリム(ホイール)の間に隙間を作ります。
その隙間にタイヤレバーを入れます。
レバーを倒すときもチューブの噛み込みに注意します。チューブを噛みこんでいる場合はレバー先端に「ムニュムニュ」した感触がしますので、判断の目安となります。

倒したタイヤレバーは、先端の切り欠きをスポークに引っ掛けて留めておきます。
2本目のタイヤレバーは概ね10〜15cm程度の間隔を空けて差し込みます。

車軸の手前側に来るスポークと、奥側に行くスポークがあります。タイヤレバーは手前側に来るスポークに掛けることになるので、手前側の隣りのスポークに掛けると、タイヤレバーの間隔はおのずと10cm程度になります。
2本目が差し込み終わったら3本目です。

タイヤレバーが3本あればこのまま3本目を差し込めるのですが、このセットは2本しかありません。そこで、1番目もしくは2番目のレバーを抜き、3番目の位置に差し込みます。

慣れない方は1番目のレバーを抜いて3番目を差し込もうとしているうちに、"2"の部分が「ポコッ」と戻ってしまうかもしれません。
20センチ程度外れれば、後はタイヤとリムの隙間に指を入れるだけで外れていきます。滑りの良い手袋をしていれば、隙間に差し込んだ手を滑らせていくだけで素早く外せます。
左手でタイヤを広げながら、右手でバルブを押し込み、リムのバルブ穴からバルブを外します。
チューブを取り出します。
アニメーションにまとめました。
今から十数年前に入れたPanaracer製スーパーチューブです。一般的なチューブより数百円高いだけですが、耐パンク性能が向上していると説明されています。

実際に触ってみると十数年経過しているにも関わらず全体に「しなやかさ」が残っており、一般的なチューブより厚みを感じます。
修理箇所が4箇所もありました。空気圧の管理には気を遣っていたのですが、釘(くぎ)や画鋲(がびょう)、細い鉄線などが「ブスッ」と刺さったケースが多かった記憶があります。

「ママチャリ用タイヤ/チューブはどれも同じようなものだろう」と思っていましたが、最近は耐パンク性、耐磨耗性を打ち出したタイヤが販売されているようです。

パナソニック ポリテクノロジー株式会社(Panaracer) スーパーハードシリーズ

通勤・通学で毎日自転車に乗っている方は、信頼性を少しでも高めるという意味でも、タイヤ交換の折にこうした製品を装着すると安心感が増すかもしれません。
チューブに空いた穴を探す
チューブを引っ張り出した後、再びバルブを装着して空気を入れます。これは穴の開いた箇所をチェックするためです。
ある程度の空気圧を与えないと漏れている箇所の発見が困難になります。

尖っている部品などには当てないよう、チューブを避けておくなり、布で養生しておくなりしておきます。

釘(クギ)などで大きい穴が開いている場合、この段階で「プシュー」という音がしますので容易に修理箇所を特定できます。派手な穴が(1箇所だけ)開いてくれた方が修理が楽だったりします。

手間取るのは微細な穴から数時間かけてゆっくり空気が抜けるパターンです。この場合穴を目視で発見するのは困難になります。
チューブを顔の頬(ほお ほっぺた)に近づけてみます。漏れている箇所にさしかかると、穴から空気が吹き付けてくるのを感じ取ることができます。手を近づけても僅かな感触がする場合もあります。

耳に近づけると「シュー」というかすかな音がする場合もあります。
バケツと水がそろっている場合は、チューブを水に浸けて穴を捜します。
連続して気泡が発生する箇所がパンク穴となります。
どこかに穴が空いています。
矢印の箇所に小さな穴が空いてます。
発見した穴を見失わないように、ポスカなどの白色マーカーで目印をつけておきます。
タイヤに刺さった異物を探す
無事に穴を発見しましたら、次にタイヤに刺さっている(可能性のある)異物の発見に移ります。

バルブの位置を目印にタイヤの大まかな位置を割り出し、外側・内側をチェックします。
金属片で手を切る恐れがありますので、手袋をして行います。
タイヤ内面に手袋が引っかかるような感触を感じたら、その箇所のタイヤ表面を見てみます。

矢印の部分に異物が刺さっています。
ラジオペンチなどを使用して抜き取ります。

異物が残ったままにしてしまうと、せっかくパッチを貼って修理したとしても再びパンクしてしまう可能性が高くなります。
パッチの貼り付け
ゴムのりの塗り方、パッチの貼り方につきましては、cycleseek製作のYouTube動画自転車のパンク修理(アマチュア編)にて分かりやすく解説されています。

使用するのは以下の道具・材料です。
・紙やすり
・ゴムのり
・パッチ
マルニ工業株式会社のパッチです。ホームセンターにて7枚150円前後で販売されています。
修理セットに付属してくるヤスリは#80〜#100(はちじゅうばん〜ひゃくばん)程度の番手(ばんて)のようです。

ホームセンターの工具コーナーに行くと、1枚(縦280mmx横230mm)が100円前後で購入できます。
紙ヤスリで接着面をよくこすり、ゴムの地肌を出します。
パッチよりも広い面積にヤスリをかけます。
削れたゴムの粉を除去します。
ゴムのり(加硫剤 かりゅうざい)を塗ります。
ゴムのりを薄く均一に塗り広げます。

ゴムのりを塗布した面に何度も触れていると不均一になりがちなので、ゴムのりが乾き始める前に手早く塗り広げます。
2〜5分乾燥させます。
ゴムのりを薄く均一に塗り広げ、十分に乾かしてからパッチを貼るのがポイントとなります。
パッチのアルミ箔(はく)を剥がします。
マークした十字線の中心にパッチを貼り付けます。
タイヤレバーの先端などを使って圧着します。

むらの無いように端から端までこすります。
透明フィルムを剥(は)がします。
貼ったパッチの様子です。
空気を入れた様子です。
引っ張った様子です。
再度水に沈めて空気の漏れが無いことを確認します。

パッチを貼ったところだけでなく、念のためチューブ全体を点検します。これはパンク穴が必ずしも一カ所とは限らないからです。
はみ出たゴムのりでチューブとタイヤの内側がくっついてしまう場合があります。手で引っ張ればべりべりと剥がれる程度なのですが、余裕があればベビーパウダーなどをまぶしておくと、次回のパンク修理が少しだけ楽になります。
ベビーパウダーをまぶした様子です。
2011/4/30補足
使い古しのチューブを用意すれば、平時にパッチ貼りの練習や実験をすることができます。
練習用のパッチやゴムのりは百円ショップでも入手できます。
パッチ貼りの実験
ゴムのりを手早く均一(きんいつ)に塗り広げ、十分に乾かすことがパッチ貼り付けのひとつのポイントとなります。

左は過度に厚く塗った場合です。気温約20℃の状態で、15分経過しても溶剤が十分に揮発(きはつ)せず残っており、パッチが密着不良を起こしています。

また、紙ヤスリでチューブの表面をこすり、下地処理する点がもうひとつのポイントとなります。

下の画像はヤスリがけなどの下地処理せず、そのままパッチを貼り付けた場合です。

こちらもパッチが十分に密着せず、指でめくると剥がれてしまいました。
チューブの劣化について
<チューブの劣化について>
左の画像は1998年式のマウンテンバイクを2010年にレストアしたときの様子です。空気が抜けた状態から4.5kgf/cm2(約450kPa)まで空気を入れたところ、矢印の箇所が裂けてしまいました。リムのニップルやリムテープは点検済みです。

触ってみるとゴムの弾力が失われており、カチカチに固くなっています。
もう一方の車輪も4.5kgf/cm2(450kPa)まで上げてたところパンクしてしまいました。

調べてみると矢印の箇所が2mmほど裂けています。それだけではなく、白い丸で囲んだ部分全体にわたって細かいひび割れが生じています。

このように、チューブ自体が劣化している場合、パッチで穴を塞いで修理しても遅かれ早かれ別の箇所がパンクする可能性があり、信頼性を確保することが難しくなります。
チューブの装着
チューブを取り付ける前に、リムバンド(リムテープ)の状態を確認しておきます。リムバンドはスポークニップルが直接チューブに当らないように保護する役割があります。

ゴムの輪になっている「リムバンド」や、左の画像のような粘着テープ状の「リムテープ」があります。

「リムバンド」はひとつの輪になっているため、取り付けるにはホイールを一度外す必要があります。しかし、リムテープは貼り付けるだけなのでホイールを外す必要はありません。
2010年2月にホームセンターで購入した粘着テープ式のものです。価格は200〜300円前後です。芯の内側には"KYOWA"の文字、パッケージには"MADE IN JAPAN"と書かれており、株式会社共和の製品のようです。

長さは5m、幅は12mmとなっており、解説によると28×1-3/8(28インチタイヤ) 2本分まで対応とされています。
リムテープはそのままの形を保ったまま、置くようにして貼るとよさそうです。
気温の上昇とともにテープの粘着剤がゆるみ、伸びていたリムテープが収縮するとニップルが露出する可能性があります。
<チューブのリム側がパンクする場合>
スポークニップルに鋭利なバリがあり、なおかつリムテープが劣化して十分にニップルを覆っていない場合、チューブのリム側がパンクすることがあります。

ヤスリで尖ったバリを落とし、位置がずれにくい粘着テープ式リムテープでしっかり覆うというのが現実的な対策となりそうです。
ホイールにチューブを入れる前に、ベビーパウダーを軽くふっておくとチューブのベタベタ感が減って正規の位置へセットしやすいようです。また、タイヤの内側とチューブが擦れ合ってチューブが摩耗するというトラブルも減らせるそうです。

これは絶対に必要な作業とはいえませんが、余裕があればやっておくと安心でしょう。ベビーパウダーは薬局で数百円で販売されています。平たい缶入りのものもありますが、左の画像のような容器に入っている製品は、コショウを振り掛けるようにして使えるので内部にゴミが入りにくく、使いやすいかもしれません。
それではチューブをタイヤに入れていきましょう。バルブから入れていくやり方が一般的です。
リム、タイヤ、バルブを断面から見た様子です。
チューブをタイヤに収めます。チューブのねじれや偏(かたよ)りに注意します。
両手の親指でバルブ付近のチューブを押し上げます。
バルブの筒をリム内部に送り込みます。
リムのバルブ穴にチューブのバルブを通します。
アニメーションにまとめました。
実際の作業の様子です。親指でバルブ根元を押し込み、リムの内部に送り込みます。

つぎに、人差指でリムのバルブ穴を通します。
バルブ部分を取り付けた状態です。
バルブの「虫(ムシ)」と袋ナットを仮組みし、チューブの断面が丸い形になる程度に空気を入れます。

空気を入れすぎてしまうと、タイヤはめ込みの際に空気を抜く必要が生じます。
わずかに空気を入れることでチューブが本来の形になり、チューブのねじれや偏(かたよ)りを防ぐことが出来ます。
リム(ホイール)のバルブ穴が頂点になる位置にホイールを回して合わせます。

その後、バルブ穴を中心に、左右均等にチューブをタイヤに入れていきます。
チューブを入れるコツは「均等」かつ「捻(ねじ)れない」ようにすることです。
左手でタイヤを広げながら、右手でチューブを入れていきます。
「チューブの捻(ねじ)れに気をつける」と一口に言っても、何処をどのように注意すれば良いのか曖昧です。そこで目安になるのが、チューブの模様です。

このパナレーサーのチューブはイボイボとツルツルの箇所が分かれています。これを目安に入れていくと捻れを防げます。
タイヤをはめ込む
タイヤの耳(ビード)を入れていきます。

パナレーサーの「タイヤの取りつけかた(pdf)」によると、タイヤの耳(ビード)を入れていく作業は「バルブと正反対の側」から入れ始め、タイヤレバーを使用する最後の作業をバルブ側で行うそうです。

理由につきましては、自転車自作研究会  タイヤの取付にて解説されています。

繰り返しになりますが、先に解説させていただいた「タイヤが外れるしくみ」です。これの原理を頭の隅に入れておくとを、タイヤを入れやすくなるかもしれません。

空気を抜いた状態ではタイヤの内周部分にあるビード(耳)がリム中央の凹に落ち込みます。

すると、落ち込んだ長さだけ、タイヤの反対側にあるビードには余裕が生まれます。この余裕分を利用してタイヤを着脱を行っていることになります。

なお、ビードは鋼鉄製ワイヤーが主に用いられています。しかし、グレードの高いタイヤにはケブラー繊維のビードも採用されるようになりました。
バルブ穴周辺のチューブが上手く収まらない場合があります。

その場合、バルブを押し込み、チューブを浮かせた状態にします。それからタイヤのビード(耳)を定位置へ送り込みます。
断面図です。バルブの根本あたりはチューブが厚くなっており、そこにタイヤのビードを噛み込む場合があります。

バルブを押し込むことでチューブを奥へ押し込みます。そこへタイヤのビードを通すという手順です。
残り30センチほどになりました。
反対側のビードを落とし込みます。
左右から両手ではめ込んでいきます。
反対側のビードがしっかりと押し込まれていれば、ほとんど力を入れることなく入ります。
タイヤレバーを使う場合
タイヤレバーを差し込みます。

差し込む場所はバルブから少し離れた場所がやりやすいかもしれません。
チューブの噛み込みを感触で確かめながら、レバーを持ち上げて耳(ビード)を入れていきます。
タイヤとリムの間にチューブが挟まっていないか、念のためチェックします。指で掴んでいくと、タイヤの中にチューブがきちんと納まっている感触がします。
タイヤに空気を入れる
ママチャリの適正空気圧は2.5〜3.0kg/cm2とされています。この圧力を言葉で表現するのは難しいのですが、一般的には「乗車時に(体重が掛かった状態で)、タイヤと地面が接している長さが約10センチになる程度」といわれています。

個人的にこの圧力を表現してみると、両手の親指で押して軟らかく感じる状態はまだ少なめでしょう。成人男性が「グッ」と力強く押してやっと凹むくらいです。普通の人からすれば、こんなに入れてしまって大丈夫だろうかと不安になるかもしれません。

自転車屋さんに行く機会があれば、一度「適正空気圧」のタイヤを親指で押させてもらうと参考になると思います。
ホイール(リム)とタイヤビード(耳)が定位置に収まっているかを確認します。

タイヤのビードが収まる位置には線が刻まれています。また、タイヤの銘柄の文字が全て見えていることも目印になります。

こうした文字が半分隠れてしまっているのならば、タイヤがホイールの定位置へ収まっていないことになります。
最後に車輪を回転させ、タイヤが左右に振れていないかどうか、チューブの偏(かたよ)りによってタイヤの太さが変化していないかどうかを確認します。

手動空気入れに関しましては、「タイヤに空気を入れる 手動空気入れ編」をご覧下さい。また、エアコンプレッサを利用した空気の入れ方に関しては「タイヤに空気を入れる エアコンプレッサ編」をご覧下さい。
道具について
今回使用した道具です。

百円ショップのパンク修理キット、ペンチ、空気入れ、バケツの計4点です。
タイヤレバーには主に【鉄】、【アルミ】、【プラスチック】の3種類の材質が使われています。

もちろん好みの問題はありますが、以下のような傾向があります。
■ビードの軟らかい買い物自転車(ママチャリ)などはプラスチック。
■ビードが硬くて寸法がきついマウンテンバイク用タイヤは鉄。

また、一方を鉄製、もう一方をプラスチック製というように、異なる材質のレバーをセットで使う方もいるようです。
買い物自転車ならば、プラスチック製が使いやすいかもしれません。タイヤとリムの間にレバーを差し込んだとき、スルッと入っていきやすいようです。

鉄製は上手に使わないと、軟らかいアルミ製リムをゴリゴリ削って傷つけてしまう場合があります。

百円ショップで販売されている「パンク修理セット」のプラスチック製タイヤレバーがシンプルで使いやすく気に入っています。
どうしてもチューブに穴を空けてしまうという方は、一度タイヤレバーをご確認ください。

特に、金属製タイヤレバーで作りの良くないものは、先端部分がなめらかに丸く仕上がっておらず、角が出ているものがあります。
■パッチがチューブに上手く付かない

ゴムのりを均一に塗り広げ、5分ほど乾かします。その後にパッチを貼り付け、タイヤレバーなどでゴシゴシと圧着します。

上記のような手順を踏んでもパッチが付かないという場合は、パッチが古くなっている場合も考えられます。

購入してから5〜6年経過したパッチを使うと上手く貼り付かず、購入したばかりの新しいパッチではすんなりと貼り付いたという経験があります。

一度開封したゴムのりは、数年すると溶剤が揮発してしまいがちなので、小さく小分けされたものを購入するようにしています。
<Takaよろず研究所内の関連リンク>
タイヤに空気を入れる 手動空気入れ編
タイヤに空気を入れる エアコンプレッサ編
自転車用新型英式バルブ(スーパーバルブ)
【参考にさせて頂いたサイト】
YouTube cycleseek 自転車のパンク修理(アマチュア編)
YouTube cycleseek 自転車のパンク修理(プロの技編)
YouTube おかもとまさのり氏製作「パンク直し」(切り絵アニメーション)
YouTube KURUMANDARA氏「タイヤのパンク修理・WO編」(動画 2分10秒)

寿サイクル 「いろいろなパンクの種類
ナショナルタイヤ株式会社 パンク修理方法
自転車自作研究会  タイヤの取付
Sunnyside feelin' パンクの原因と予防について
サイクルショップ ヒラガ パンク修理法
林サイクル商会 「自転車パンクの修理」ですよ〜!

TAKAよろず研究所
http://www.geocities.jp/taka_laboratory/
2005/8/27製作 2006/8/4一部更新 2007/6/15補足 2007/8/7補足 2007/9/28補足 2007/10/7修正 2007/10/8リンク追加 2008/4/4修正 2009/2/5加筆修正 2010/2/16補足 2010/2/22改訂 2010/5/7補足 2010/11/18修正 2011/5/3補足
<トップページへ戻る>

Copyright(C)2005 Taka Yorozu Laboratory. All Rights Reserved.