各種グリースと便利な使い方  2005/7/25製作
【目次】
シマノ デュラエースグリス
フィニッシュライン テフロングリス
エーゼット 万能グリース
エーゼット ウレアグリース
呉工業 マルチグリースメイト
和光ケミカル ハイマルチグリース

エーゼット 万能グリース詳細
エーゼット ウレアグリース詳細
80gカートリッジ用グリースガン
400gカートリッジ用グリースガン
コンパクトグリースガン

グリスガンとグリスニップルの使い方
グリスニップルの構造
便利小物
【グリース銘柄別 目次】
シマノ デュラエース
フィニッシュライン テフロングリース
エーゼット 万能グリース
エーゼット ウレアグリース
呉工業 マルチグリースメイト
和光ケミカル ハイマルチグリース
【関連リンク】
協同油脂株式会社
 グリースとは
 グリースの分類と特性
 グリースの選定と使用上の注意
日本グリース株式会社 解説・注意事項

株式会社ストレート 小型グリースガン

株式会社エーゼット
Finish Line Technologies Inc.
株式会社和光ケミカル
呉工業株式会社

◆当サイト内の関連ページ
手のひらサイズ 小型グリースガン
自転車のチェーンに使用できそうな汎用オイル
各種グリース
シマノ デュラエースグリスは自転車用グリスの定番とされているものです。50g入りが720円でした。

パッケージには"SPECIAL GREASE DURA-ACE "、側面には"PRODUCT OF GERMANY"との記載があります。
フィニッシュライン テフロングリースです。100gチューブ入りで1,000円前後で販売されています。

気温22℃の状態です。

Finish Line USA "Teflon bicycle Grease"
マルチグリースメイトは"CRC 5-56"で有名な呉工業から販売されています。375g入りが498円でした。ホームセンターのKURE製品コーナーに陳列されています。

「使用温度範囲 -18〜150℃」、「「密封軸受、電動工具、紡績機械、工作機械、ヒンジ、チェーン、コンベア、ギヤ、ベアリング、カムシャフト、工具類のサビ止め・潤滑など」という解説があります。
株式会社エーゼットの万能グリースです。80g蛇腹カートリッジ入りが100〜200円前後で販売されています。
株式会社エーゼットのウレアグリースです。
"HMG-U ハイマルチグリース"は和光ケミカルの製品です。株式会社ストレートで400g入りが2,000円前後で販売されています。

株式会社和光ケミカルの"HMG-U ハイマルチグリース"(←pdf)
マルチパーパスグリース(MPグリース 万能グリース)
「万能グリース」のパッケージを見ていきましょう。入手が容易で広く一般に使用されていそうなグリスです。
使用温度範囲が「-25℃〜+120℃」と書かれています。
パッケージの説明を自転車・バイクユーザーの観点からまとめてみましょう。

【特徴】
・耐熱、耐水、酸化安定性、機械安定性に優れる
・屋外の機械の潤滑、防錆にも最適
・特に高速ベアリング用グリスとして優れる

【用途】
自転車、単車、ベアリングの潤滑、刈払い機

【内容】万能リチウムせっけん基グリース
【ちょう度】25℃  265〜295  (JIS2号)
【滴点】 ℃  180以上



以上はパッケージに記された解説です。
裏には「使用温度範囲」がまとめられています。
ウレアグリース
株式会社エーゼット製400g蛇腹カートリッジ入りです。ホームセンターで700円前後で販売されています。
【特徴】
・ウレア系増ちょう剤を使用し、特に耐熱耐水性に優れる
・ベアリング寿命は125℃x1,000時間以上

【用途】
産業機械/加熱炉、ポンプ、コンベアー、公害機器
建設機械/ユンボアーム部、トラック、クレーン、ブルドーザー他重機械
【内容】ウレアグリース
【ちょう度】25℃  265〜295 (JIS2号)
【滴点】  ℃   280以上
80g蛇腹(ジャバラ)カートリッジ用グリースガンについて
グリスを常にクリーンな状態に保ちつつ、必要なときに直ぐに取り出すにはどうしたら良いだろうかと試行錯誤した結果、小型のカートリッジ式グリスガンに辿り付きました。


株式会社エーゼット製の「万能グリース」80グラムカートリッジです。ホームセンターの油脂コーナーにて100〜200円前後で販売されています。
これは株式会社エーゼット社製のグリスガン「2ウェイ 80 グリースガン G901」です。ホームセンターにて千円弱で購入できます。 (amazonでも購入できるようです2007/5/29補足

本来グリスガンはノズルを機械のグリスニップルに接続し、グリスを圧送するために使用するのですが、私は主にグリスの貯蔵庫のように使用しています。
このモデルはノズルの向きをグリスカートリッジに対して真っ直ぐにも直角にも装着できるようになっています。画像はは直角に装着した状態です。

標準装備のグリスニップル用ノズルから、軸が短く先が細くなっている「先細ショートタイプ」(200円前後)に交換して使用しています。先端からは1mm前後の糸状になって出てきます。特に奥まった位置にあるベアリングに注入できるのが便利です。また、完全に分解せずに隙間からグリスを注入するということもできます。
カートリッジ式の中身です。装着の手順は、蛇腹(ジャバラ)状になった80gカートリッジをノズル部分にねじ込み、筒をセットします。

筒には「手詰め」で使用するときにグリスを送り込む為のバネがチェーンで繋がれており、新品カートリッジを装着するときはチェーンを引っ張り、底部の切り欠きにチェーンを引っ掛けておきます。筒を装着したら切り欠きからチェーンを外すと準備完了です。
これはエーゼット社製のグリスガンなので、当然エーゼット社製80gカートリッジに対応しています。

先端ノズルにはさまざまな種類があり、長短、グリスニップル用、先細タイプなどがあります。グリスニップル用にはゴム製ホースの先端に金属製グリスチャックが付いているフレックスタイプがあります。これは狭い箇所にグリスニップルがある自動車・バイクなどに便利そうです。
400g蛇腹(ジャバラ)カートリッジ用グリースガンについて
これは400gカートリッジです。80gカートリッジに比べて一回り大きい事サイズになっています。

画像のグリスは3割ほど使用したものなので、やや縮んだ状態です。
グリスガンの大きさをそれぞれ比較してみましょう。80g用が片手で使用できる大きさなのに対し、400gは両手でしっかり持つ必要があります。
トラックや重機を相手にするには丁度良いのかもしれませんが、オートバイで使用するには大きすぎるかもしれません。

ネット通販などで実物を見ないで購入した場合、到着した商品が想像以上に大きかったという場合があるかもしれません。大きさの目安としてご参考になればと思います。
こんな感じで使用します。
グリスガンの大・小問わず、ノズルの接続部分はテーパーネジになっており、雌ネジから3〜4つネジ山を残した状態で回転が止まります。ネジが平行でなく楔(クサビ)型をしているのですから途中で止まるのが正常です。

グリスガンの取扱説明書によると、平行ネジと勘違いしてネジ山を壊してしまうケースがあるそうなのでご注意ください。
2007/2/27補足 手のひらサイズのグリースガン
株式会社ストレート扱いの小型グリースガンです。ネットショップで810円で販売されています。

このグリスガンはカートリッジを使用するタイプではなく、グリスを筒の中に直接詰め込んで使用するタイプです。

グリースガンを使用したいけれどもグリスは少量しか必要ないという方、お気に入りの銘柄のグリスをグリスガンに詰めて使いたいという方に向いていそうです。


詳細は当サイト内のこちらでご紹介しています。
2007/5/28補足 グリスガンとグリスニップルの使い方
グリスガンを使ってエンジン式ヘッジトリマをグリスアップしてみましょう。
本体の給油箇所にはグリスニップルという突起があります。
蛇腹(じゃばら)状の容器に入ったグリスを使用するカートリッジ式グリスガン(AZ 2ウェイ 80グリースガン G901)を用意します。株式会社エーゼットのもので、ホームセンターで1,200円前後で販売されています。

手頃な大きさの80グラム用と、大型車両や建設機械に使う400g用があります。オートバイや手持ち式小型農機具ならば80g用でちょうどよさそうです。
ニップルにカチッと固定される「チャック式ノズル」にします。このグリスガンに標準装備されていたものです。
この突起がグリスニップルです。
チャック式ノズルをまっすぐ差し込むとロックされます。グリスガンをポンピングしている時に勝手に抜けないで済みます。そしてキコキコとレバーを動かし、適量のグリスを充填します。

ポンピングしてもチャックの脇からグリスが漏れてしまい、一向にグリスが入っていかない場合が希(まれ)にあります。こうした例はオートバイの後サスペンションのリンク周りなど、雨や泥に晒される場所に多いようです。

この場合、ニップルを一度取り外してパーツクリーナーなどで掃除し、再び装着するとうまくいくようです。また、交換用ニップルもホームセンターのグリスコーナーで販売されています。

初めてグリスガンを使った時に、ニップルからチャックが抜けなくて焦った経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ニップルから見てまっすぐに引っ張るとなかなか抜けません。変に力を入れてしまうとニップルが折れてしまいます。
チャックを横にずらすようにすると呆気なく外れます。
ニップルとチャックが外れる際の様子です。

グリスガンとグリスニップルについて、現在ではオートバイのリアサスペンション周りや、イギリスの小型自動車"Mini"(旧)などで時々話題になるテーマのようです。

今回は金属製ストレートノズルを使っていますが、フレキシブルホースノズルもあります。狭くて入り組んだところに便利そうです。
2007/6/2補足 グリスニップルの構造
グリスニップルの内部の様子です。φ2.5の鋼球をバネで押しつけて栓をするという構造になっています。
オートバイの足まわり(リンク周辺)にも使われています。
グリースに関係する便利な小物
百円ショップで販売されている「茶こし」と小型のザルです。自転車のボールベアリング鋼球を掃除するときに使用します。この中に汚れたグリースの付いたベアリング球を入れ、パーツクリーナーを吹きかけると、汚れや油分だけが網を通って落ちていきます。

茶こしを使ってきましたが、目が非常に細かいので、砂粒などの大きな汚れが網に引っ掛かって落ちていかない面がありました。小型のザルがちょうどよさそうです。
「スパチュラ」という料理用の「ヘラ」です。本来はケーキを作るときに生クリームを塗りつけるための道具のようです。
カップに入ったグリースを取り出すときに使用します。また、手詰め式グリスガンに入れるときにも便利です。

汚れた指でグリスを取ると、ゴミを入れてしまう恐れがあります。こうした道具で必要分のグリースを取り出し、すぐに蓋をするようにしています。

使った後もウエスでサッと拭き取るだけで綺麗になります。
2009/7/21補足
真っ黒に汚れたグリースは手を洗ってもなかなか落ちません。そこで極うすタイプの手袋を利用する方法もあります。

左は百円ショップで入手した「DUNLOP ニトリル手袋極うす手」です。左右両用4枚入りですので2セット分となります。
2009/9/11補足
百円ショップなどでマグネット式ピックアップツールが販売されています。これを使うとバラバラに散らばりやすいベアリング球を容易に集めることができます。

この方法はYouTube動画【Bicycle Repair & Ownership : How to Overhaul a Bike's Hub】で紹介されています。

TAKAよろず研究所
http://www.geocities.jp/taka_laboratory/
2005/7/25製作 2009/7/24更新
<トップページへ戻る>