日本放浪


人生のほとんどを九州で過ごしてきた僕は、
修学旅行で行った京都が一番の遠出。
それより東、北の日本を体験する機会は無かった。

大学時代もバイクを買ってからもバイトやバンド練などなどの毎日・・・
1,2泊はできても、それ以上の遠出するきっかけを持てなかったんですね。
大学3年の後期に入ると、周りは専門学校や就職活動で大忙し。
話題もいつもの話から、
将来についての話が多くなってきてた時期でもあったな。
そんななか僕は就職活動などせず、面接も試験も1社も受けませんでした。

マイペースな僕は、周りがやってるから焦るっていうのが全く無いわけではないけど、
あんまり気にもせず、自分の中での目標の道があったから、
それに向かって頑張ればいいじゃんか。俺は俺で。って考えてました。

でもその前に、「日本が見たい」っていう思いが捨てきれず・・・。
このまま仕事に向けて行動を起こしてしまっては、一生できんかもしれん。
老後に何かをするっていう考えがないもので(笑)

・・・何か伝えにくいな(汗)


まぁ、今できそうなことをやらずに後回しにして
結局できんかったっていう後悔だけはしたくなかったとです。

ということで今、やろうと!




あんまり予定を決めて、縛られて動くのが苦手なもんで
日本海側を行って太平洋側で戻ってくるとか、
全県制覇するとか、
何日までに帰ってくるとか決めずに、

おおざっぱに

ぶらぶらと

日本を見て廻ろう!走ろう!


そんなわけで

「日本1周」
じゃなくて

「日本放浪」

って看板を作りました。





旅をした期間は2005年4月26日〜同年8月1日まで。
結果から言うと、
やり残したことはたくさんあります。

もっといろんなとこに行きたかった。

もっといろんな人に会いたかった。

それがタイミングとかお金の問題・・・
はたまたバイクのトラブルなどで、旅は早々に切り上げることにしました。


お金が尽きかけた時に、旅先でバイトでもしながら旅を続けるのも考えた。

でもやめた。
ミスチルの歌じゃないけど
「終わりなき旅」になりそうだったからだ(笑)




3ヶ月以上に及ぶ旅で、
バイクを走らせるなか、キャンプをするなか、
数え切れないヒトビトと語るなか・・・

いろんなことを考えた。考えさせられた。考えることができた。
自分のなかでの価値観が少し変わった。
というか増えた(?)
うまく言えんけど、これだけは言える。



「旅をしてよかった」






このダンボールに作った看板・・・
これに旅を始めてから出会った
バイク乗り、チャリダー、クルマで旅をする人、
はたまた旅先の住人など・・・いろんなヒトビトにメッセージを書いてもらった。
ここを見てる人にも書いた覚えがある人、見た覚えがある人・・・
おられるかと思います。



これを背負って走ったのは、忘れないためだ。
基本的に一人旅。
でも、ぜったいに僕一人の力ではこんな旅はできんかった!

みんなが温かい顔で出迎えてくれて、温かい目で見送ってくれて、
温かい心で接してくれたからこそ、
「TAK's 日本放浪!!」は完成したこと。

これだけはぜったいに忘れたくなかった。だから書いてもらって、これを背負った。



次回、「TAK's 日本放浪!! PartU」にこうご期待?!(笑)


Special Special Thanks!!
コタロー Shugo Maki なっちゃん Serrow かおる 山爺 淳子姉 古賀 bief
ひろ Akira とだっち ばあや ジョージ iwao 松田 なり hiro 松尾 朱理 ユウスケ
*mieko kei egg KAZZ WAKA 蛇 毒ベロ 龍 ジョンリーギマール 純 
かっちゃん みつる タカシ 平川 しげ 早川 はたちゃん 井元 玉川 小林 大月 三島
ゴリ ワタル 先生 ikeura 田村 軍曹松田 平沼 コウ セイ noji
Shige 佐藤 ルース コーチャン ラバ あつし ユウジ テツ ヨッシー 植田克郎 友美
別府一人 旅人村 ママちゃん パパちゃん まちこ しょうゆ ちく さと
ティーチャー せいこ EMI シスター JOE ひろし あっき 浦 maimai マコト 千田 藤本きえ
Rob Evelie Anthony Maartje Kyla ウメ 酋長 正 ふみの みつる2 チョッパー
かおる SHIN カズ ヤス のっくん テル ノリコ 澤井 阪本 公文 ダイスケ ゆき ちゃい
くぼちゃ math KJ TATSU-LOW ゆんぴょう くわまん まさ じぇーん しば バズーカ
よっすぃー 総帥 浅井 龍 はんぞう kenta 竜門
& my Family and more and more!



  TOP