台東区少年軟式野球連盟会則        

第1章    総則        

第1条    この組織は台東区少年軟式野球連盟と称す。        

第2条    連盟の事務所は総務部長宅に置く。        

第3条    台東区における少年軟式野球の普及振興を図り、青少年の健全育成を計り、        

    体位向上・人格の形成に資する事を目的とする。        

第4条    前項の目的を達する為、少年野球に関する次の事業を行う。        

    ①各種少年野球大会の開催、運営、参加。        

    ②指導者の育成に関する事。        

    ③加盟団体の育成強化に関する事。        

    ④審判部の育成強化に関する事。        

    ⑤その他、組織の目的を達する為の必要事項。        

第5条    この組織の事業をする為、次の各部を置く。        

    ①総務部 ②会計部 ③渉外部 ④教育部 ⑤審判部        

第6条    この組織の団体は会則及び議決事項を守り会費(運営費等)を負担する。        

            

第2章    組織        

第7条    この組織に次の役職を置く。        

    ①連盟加盟各チームより理事を1名        

    ②常任理事        

    ③理事長1名 副理事長若干名 各部より部長1名 事務局長1名        

    ④会計監査若干名        

第8条    常任理事の選出について        

    ①常任理事への就任は、常任理事会において承認し決定する。        

      常任理事候補は自薦、他薦を問わない。        

    ②常任理事の任期は西暦の偶数年4月1日より2年とする。但し、再任を妨げない。        

      また、任期途中での常任理事就任者は、他の常任理事と同一の任期とする。        

    ③理事長は常任理事の互選により選出する。        

      但し、複数の候補者がある場合には、常任理事の2/3以上の出席による        

      役員会にて理事長選挙を実施し、投票の過半数を得た候補者が就任する。        

    ④理事長選挙を行う場合は、理事長選挙に立候補しない常任理事より選挙        

      管理委員を3名選出し選挙を管理する。        

    ⑤理事長は、副理事長、各部長を推薦し、常任理事会において承認し決定する。        

第9条    常任理事会(役員会)は常任理事(役員)で構成する。        

    ①理事長は、役員会議を招集し会議の議長となる。        

    ②役員会議は2/3以上の出席により成立する。        

    ③役員会議の議事は出席者の過半数をもって決し、可否同数の場合は議長が        

      これを決める。        

    ④理事会は、適時開催する。年1回は総会とし、決算、予算、年間方針を        

      決定する。(毎年5月を総会とする。)・・・        

      総会運営、議決は上記①②③に準じる。        

第10条    この組織の経費は次の収入をもってあてる。        

    ①加盟団体会費        

    ②補助金        

    ③寄付金        

    ④その他        

第11条    この組織の年度は4月1日から翌年3月31日までとする。        

第12条    この規則の制定、改廃は常任理事会において2/3以上の出席による過半数の        

    同意を得て行うことが出来る。        

            

第3章    規定のない事項        

    その他規定のない事項は、常任理事会で決定する。        

            

            

付則    2007年 4月 1日        施行

    2008年 3月20日        改訂

    2009年 5月24日        改訂

    2017年 5月28日         改訂