>

  


1927年(昭和2年)5月8日
      創立30周年を記念して、大成中学校同窓会が設立され、発会式を
     兼ねて第1回総会が開催された。参集した会員100余名。高杉新一郎氏
     (第1回卒)を座長に推し、会則の決定、評議員60名の選任、幹事10名の
     選出を行った。
         
     会   計 竹野芳次郎(第3回卒)   中島雄三郎(第4回卒)
            根本丈夫(第23回卒)
     雑誌編集 織田嘉市(第4回卒)    助川良夫(第19回卒)
            野々村正雄(第26回卒)
     庶   務 戸倉嘉市(第10回卒)   坂本一角(第20回卒)
            日下晋一郎(第22回卒)

1927年(昭和2年)12月
      同窓会会報第1号、ならびに同窓会員名簿を発行。

1932年(昭和7年)6月
     従来の木造を鉄筋コンクリート造りとする母校校舎改築に際して、
    改築資金募集委員会をつくり、平田盛胤先生を委員長とし、幹事富山
    市次郎氏を資金の取扱者と定めて、広く同窓諸氏に資金を募った。

1937年(昭和12年)10月29日
     母校創立40周年記念式典が挙行されたのに伴い、翌日、大須賀力氏
    (第26回卒)の作になる創立者杉浦鋼太郎氏の寿像の除幕式がとり行
    われた。

1940年(昭和15年)10月
     同窓会報第6号、ならびに同窓会員名簿を発行。
    発会以来十数回、役員会ならびに総会を開催。名簿作成は辻文次郎、
    中島雄三郎両氏の努力によるところが大であったが、戦時中から戦後
    しばらく名簿の発行は中断した。

1942年(昭和17年)12月13日
     杉浦鋼太郎逝去。享年85歳。東洋商業学校(姉妹校)校庭において
    大成中学校、東洋商業学校合同の校葬が行われた、坂本一角氏
    (第20回卒)が同窓会を代表して弔辞を捧げた。   

1945年(昭和20年)4月14日
     戦火のため母校木造校舎焼失、鉄筋校舎焼損。

1946年(昭和21年)3月
     思い出多い神田三崎町から、緑の武蔵野の一角、現在の三鷹に
    移転した。

1947年(昭和22年)11月3日
     母校創立50周年記念式典が挙行された。戦後第1回総会開催。
    以後毎年総会開催。

1952年(昭和27年)5月12日
     同窓会誕生以来。副会長・会長の任に当たられていた竹野芳次郎氏
    (第3回卒)逝去。

1952年(昭和27年)7月5日
     衆議院第二議員会館において第5回総会を開催し、新会長に益谷秀次氏
    (第7回卒)を満場一致で推し、快諾を得た。これより先、しばしば役員会を
    開き、母校振興を熱心に討議してきたが、この総会で母校振興委員会、
    ついで「大成学園維持会」が設立され、母校復興の第一歩が踏み出された。
    出席者105名。 

1952年(昭和27年)10月31日
     衆議院第二議員会館において臨時総会を開き、益谷秀次(第7回卒)、
    今村忠助(第22回卒)、伊能繁次郎(第22回卒)、三氏の衆議院議員
    当選を祝した。出席者103名。

1952年(昭和27年)12月2日
     野々村正雄氏(第26回卒)、母校主事として赴任。

1952年(昭和27年)12月25日
     母校理事長として益谷秀次同窓会長、理事として戸倉嘉市氏(第10回卒)
    他7名、監事として相馬堅次氏(第8回卒)、評議員として19名が同窓から選
    任され「大成学園維持会」の活動と表裏一体となって母校大成学園の運営
    において実際的な活動を行うこととなった。

1954年(昭和29年)2月16日
     名古屋市において愛知、岐阜、三重を中心とする「中部大成会」が結成さ
    れ、会長に鯉沼茆吾氏(第13回卒)、顧問に郡茂徳氏(第8回卒)、小川朝吉
    氏(第26回卒)の両氏が選任された。    

1954年(昭和29年)8月3日
     「中央線大成会」を阿佐ヶ谷会館で開催。

1954年(昭和29年)11月16日
     副会長今村忠助氏急逝。「大成学園維持会」の実現には同氏の奔走による
    ところが大であり、母校振興の為に献身された功績は甚だ大きい。

1955年(昭和30年)3月13日
     中部大成会総会を名古屋にて開催。

1955年(昭和30年)4月
     母校大成高校生徒の関西修学旅行の際、奈良・大阪・京都の各地で同窓
    会員が歓迎会を開催した。

1955年(昭和30年)10月29日
     総会を衆議院議長公邸において開催。出席者98名。「母校創立60周年記
    念事業委員会」を結成。

1956年(昭和31年)5月22日
     神田如水会館において総会を兼ね、校長佐藤常吉先生の藍綬褒章受賞
    記念祝賀会を開催。出席者115名。

1957年(昭和32年)11月5日
     母校創立60周年記念式典が中野区公会堂において挙行された。

1957年(昭和32年)11月9日
     母校創立60周年祝賀会として総会を有楽町レストランにて開催。
    地方からも多数出席し、盛会を極めた。

1958年(昭和33年)11月20日
     母校主事野々村正雄先生(第26回卒)慶応病院にて逝去。先生は昭和27
    年母校の困難な時に主事に就任。ついで母校評議委員に選任され、母校
    理事会、母校教職員、同窓会等の認めるところであり、逝去の即日、学校
    理事職を贈られた。

1958年(昭和33年)11月25日
     母校教職員、全校生徒、同窓会員、その他多数参列のもとに、故野々村
    正雄先生の葬儀ならびに告別式が、母校特別教室において校葬に準じて
    盛大に行われた。

1959年(昭和34年)7月
     中部地方を襲った伊勢湾台風、その後北陸地方の集中豪雨、また前年の
    新潟県下の地震に際し、それぞれの被害地在住の会員にお見舞い状を発
    送。その都度、被害報告を兼ねた礼状が多数届けられた。

1962年(昭和37年)2月
     同窓会会報「大成」を創刊。以後毎年発行。

1963年(昭和38年)3月4日
     益谷秀次(第7回卒)、伊能繁次郎(第22回卒)両氏の衆議院議員当選、
    沢山昇氏(第11回卒)のフランス政府からのレヂオンドヌール勲章受賞祝
    賀を兼ねて、総会を衆議院議員会館で開催。出席者200名。
     なお、会則の一部が変更された。 

1964年(昭和39年)8月31日
     佐藤常吉先生が母校校長を退職され本会顧問に就任。

1964年(昭和39年)9月1日
     岩下富蔵先生校長に就任。即日、同窓会名誉会長に推された。

1964年(昭和39年)11月26日
     総会を兼ねて新旧校長歓送迎会を、銀座交詢社において盛大に開催。出
    席者142名。

1965年(昭和40年)10月16日
     新築成った母校講堂において総会開催。出席者100名。会則に相談役の
    項を設けた。

1966年(昭和41年)10月17日
     湯島会館において役員会を開催。母校創立70周年記念事業委員会が設
    けられ、ついで11月28日同窓会募金実行委員会を催した。

1966年(昭和41年)12月8日
     私学会館において総会開催。

1967年(昭和42年)11月4日
     母校創立70周年記念式典に引き続き、午後3時より母校本館会議室にお
    いて、総会を開催。出席者90名。

1968年(昭和43年)11月21日
     私学会館において、総会を開催。出席者92名。理事22名を増員することを
    議決。

1969年(昭和44年)3月31日
     名誉会長岩下富蔵先生退職。

1969年(昭和44年)4月1日
     田中喜一郎先生校長に就任。即日、同窓会名誉会長に推された。

1969年(昭和44年)5月16日
     東京大神宮会館において同窓会有志による新旧校長歓送迎会を開催。
    出席32名。(岩下先生はご病気入院中のため記念品を贈呈した。)

1969年(昭和44年)6月7日
     母校講堂において総会を開催。会則の一部変更(年会費を300円に変更)
    を議決。出席者111名。

1970年(昭和45年)7月5日
     母校講堂において総会を開催。出席者97名。

1971年(昭和46年)3月20日
     副会長青田滝蔵氏(第16回卒)逝去。

1971年(昭和46年)3月31日
     校長田中喜一郎先生退職。

1971年(昭和46年)4月1日
     井上速雄先生校長に就任。即日、同窓会名誉会長に推された。

1971年(昭和46年)4月26日
     東京大神宮会館において新旧校長歓送迎会を開催。

1971年(昭和46年)11月17日
     私学会館において総会を開催。一部役員改選。新会長に戸倉嘉市氏(第
    10回卒)就任。

1971年(昭和46年)11月25日
     母校常務理事畝為助氏(第29回卒)逝去。

1972年(昭和47年)6月26日
     私学会館において総会及び佐藤常吉先生米寿の祝賀会を開催。同会場に
    おいて益谷秀次前会長に感謝状および記念品贈呈。佐藤先生にレリーフ贈
    呈。

1973年(昭和48年)8月16日
     益谷秀次前会長逝去。

1973年(昭和48年)11月22日
     私学会館において益谷秀次前会長の追悼式を行い、出席者全員が献花し
    ご冥福をお祈りした。
     追悼式の後、総会を開催し一部役員改選。

1974年(昭和49年)2月22日
     同窓会顧問佐藤常吉先生宅の隣家より出火し類焼の災に遭われたので同
    窓会よりお見舞い。

1974年(昭和49年)6月2日
     同窓会顧問佐藤常吉先生逝去。千駄ヶ谷瑞円寺にて学園葬がとりお行わ
    れた。

1974年(昭和49年)11月16日
     母校において佐藤常吉先生の追悼式を行う。追悼式のあと総会を開催。
    会則の一部変更(年会費を値上げ)

1975年(昭和50年)8月10日
     相談役中村宗雄氏(第14回卒)逝去。

1975年(昭和50年)11月15日
     私学会館において総会を開催。一部役員改選。

1976年(昭和51年)4月17日
     副会長武市春男氏(第24回卒)逝去。

1976年(昭和51年)6月
     中村猛雄氏(第15回卒)相談役に就任。

1977年(昭和52年)6月4日
     母校において総会を開催。戸倉嘉市会長(第10回卒)の米寿を祝い、大須
    賀力氏(第26回卒)の作品裸婦像一基を贈呈。

1977年(昭和52年)11月3日
     母校創立80周年記念式典が体育館において挙行された。
     母校に記念品として、紅白幔幕を寄贈した。

1978年(昭和53年)6月3日
     母校において総会を開催。役員改選。

1978年(昭和53年)6月10日
     副会長雨宮要平氏(第21回卒)逝去。

1978年(昭和53年)9月4日
     母校理事、菅原卓二氏(第30回卒)逝去。

1978年(昭和53年)9月23日
     相談役中村猛雄氏(第15回卒)逝去。

1979年(昭和54年)3月5日
     母校グランド購入にあたり、同窓会として募金。

1979年(昭和54年)3月20日
     母校監事、住田金作氏(第20回卒)逝去。

1979年(昭和54年)6月
     総会開催。

1980年(昭和55年)4月10日
     会長戸倉嘉市氏(第10回卒)逝去。

1980年(昭和55年)6月1日
     総会開催。鯉沼茆吾氏(第13回卒)会長に就任。総会に先立ち戸倉嘉市前
    会長の追悼式を行う。

1980年(昭和55年)10月7日
     会長鯉沼茆吾氏(第13回卒)逝去。

1981年(昭和56年)6月6日
     総会開催。会長に多田基氏(第23回卒)就任。

1981年(昭和56年)6月12日
     副会長伊能繁次郎氏(第22回卒)逝去。

1981年(昭和56年)11月16日
     相談役後藤仁氏(第15回卒)逝去。

1982年(昭和57年)6月5日
     母校会議室において総会開催。役員改選。なお役員を補充するについて、
    新卒業生よりも選出することを申し合わせる。

1983年(昭和58年)6月7日
     母校会議室において役員会、開催。

1984年(昭和59年)6月2日
     母校会議室において役員会、総会開催。役員の改選、役員補充。

1985年(昭和60年)6月1日
     総会開催。母校会議室において。出席者46名。

1986年(昭和61年)3月25日
     新卒業生より、終身会費(6,000円)を実施。

1986年(昭和61年)6月7日
     総会開催。母校会議室において。出席者57名。

1987年(昭和62年)4月1日
     母校理事田島四郎氏(第25回卒)校長に就任。

1987年(昭和62年)6月2日
     総会開催。母校会議室において。

1988年(昭和63年)6月4日
     総会開催。新宿中村屋において。

1989年(平成元年)6月1日
     総会開催。母校会議室において。

1990年(平成2年)6月2日
     総会開催。アルカディア市ヶ谷(私学会館)において。

1991年(平成3年)6月1日
     総会開催。アルカディア市ヶ谷(私学会館)において。

1992年(平成4年)6月6日
     総会開催。東急イン(吉祥寺)において。多数の参加を得て盛会。
    長年同窓会の為にご尽力頂いた、会長多田基氏(第23回卒)を全会一致で
    名誉会長に推し、感謝状、記念品を贈呈する。
     会長として佐野秀三郎氏(42回卒)を選出。会則改定。役員選挙を行う。

1993年(平成5年)3月
     新卒業生より、終身会費10,000円となる。

1993年(平成5年)4月
     同窓会室、母校新校舎3階に設置される。

1993年(平成5年)6月5日
     総会開催。母校校舎改築竣工により、新視聴覚教室を会場とし、79名の
    参加を得て、母校ブラスバンドの演奏も行われ、活発にして盛会。  

1994年(平成6年)7月2日
     総会開催。東急イン(吉祥寺)において。総会に続いて校長加藤常精先生
    の理事長就任祝賀・懇親会を行う。出席者50名。

1995年(平成7年)7月1日
     総会開催。ホテルベルモンド(三鷹)において。総会に続いて会長佐野秀三
    郎氏(第42回卒)の母校理事就任祝賀・懇親会を行う。出席者81名。

1995年(平成7年)11月18日
     立川地区支部会設立。支部長に矢島真治氏(第44回卒)就任。

1995年(平成7年)12月21日
     名誉会長多田基氏(第23回卒)逝去。

1996年(平成8年)6月29日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。総会に先立ち多田基氏(第23回
    卒)のご冥福をお祈りする。出席者67名。

1996年(平成8年)10月12、13日
     母校文化祭へ同窓会も「作品展示」と「バザー」で参加する。

1997年(平成9年)6月28日
     母校100周年祝賀会を兼ねて、第一ホテル(吉祥寺)において、総会開催。
     田中純氏(第55回卒)の糸繰り人形、平野勉氏(第79回卒)の三味線、吉元
    利夫氏(第61回卒)の歌謡曲などの公演も行われ、参加者多数により盛会。

1997年(平成9年)11月
     母校100周年を記念して、同窓会会員名簿発行。
     母校に記念品として講演台一式を寄贈する。

1998年(平成10年)6月28日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において、会長として中村和彦氏(第58回
    卒)を選出。役員改選。前会長佐野秀三郎氏(第42回卒)顧問に就任。出席
    者45名。

1999年(平成11年)7月3日
     総会開催。母校会議室において。総会に続いて学園評議員佐藤貞勝氏(第
    43回卒)、会長中村和彦氏(第58回卒)の学園理事就任の祝賀・懇親会を
    行う出席者66名。

2000年(平成12年)4月1日
     小柴忠正氏(第58回卒)校長に就任。
     学園理事園田義道氏理事長に就任。
     学園理事同窓会会長中村和彦氏(第58回卒)学園常務理事に就任。

2000年(平成12年)7月1日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。総会に続いて、小柴忠正氏(第
    58回卒)校長就任、園田義道氏の理事長就任、中村和彦氏(第58回卒)の
    学園常務理事就任の祝賀・懇親会を行う。出席者88名。
    

2001年(平成13年)6月30日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。役員改選。出席者60名。

2002年(平成14年)4月1日
     学園常務理事同窓会会長中村和彦氏(第58回卒)学園理事長に就任。

2002年(平成14年)7月6日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において、会長として上田平三郎氏(第58
    回卒)を選出。前会長中村和彦氏(第58回卒)顧問に就任。出席者61名。

2003年(平成15年)3月31日
     校長小柴忠正氏(第58回卒)退職。

2003年(平成15年)4月1日
     殿前康雄先生校長に就任。

2003年(平成15年)7月5日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。出席者43名。

2004年(平成16年)7月10日
     総会開催。母校視聴覚教室において。懇親会は新校舎食堂にて行う。
    出席者70名。

2004年(平成16年)11月19日
     理事会において、会長上田平三郎氏(第58回卒)が本日付けをもって、会
    長職を辞任する旨が表明され、後任の会長が選出されるまで、副会長の合議
    制で会を運営していくこをが決議された。

2005年(平成17年)2月10日
     副会長会において、菊地利直氏(第63回卒)を会長代行に選任。
    3月4日の理事会に報告、了承された。

2005年(平成17年)7月2日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。出席者60名。

2006年(平成18年)12月15日 
     理事会において「同窓会事務局運営規則」を制定。

2007年(平成19年)5月27日
     菊地利直同窓会会長代行(第63回卒)が母校理事就任。

2007年(平成19年)11月23日
     母校110周年を記念して。同窓会より金30万円を寄付する。

2008年(平成20年)2月1日
     校長殿前康雄氏退職。同日付で中村和彦理事長(第58回卒)が校長兼務。
     菊地利直同窓会会長代行が母校常務理事に就任。

2008年(平成20年)4月1日
     瀧本武彦同窓会常務理事が母校常務理事に就任。

2008年(平成20年)5月30日
     田村安正同窓会理事が母校理事に就任。
     覚本雅治同窓会副会長が母校理事に就任。

2008年(平成20年)11月1日
     総会開催。母校大成高校において。役員改選。出席者45名
     菊地利直同窓会会長代行(第63回卒)を第12代同窓会長に選任した。

2009年(平成21年)7月5日
     総会開催。第一ホテル(吉祥寺)において。出席者42名。

2009年(平成21年)10月20日
     菊地利直同窓会会長逝去

2009年(平成21年)10月25日〜12月13日
     学校説明会(6回)に同窓会役員19名参加。

2009年(平成21年)12月1日
     副会長会において、覚本雅治氏(第70回卒)を会長代行に選任。