合気道は、 勝敗を超越した「和」の心。流れるように相手を導き技となります。開祖植芝盛平翁(1883〜1969 )が日本伝統の武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに力で争いません。入身と転換の体捌きから生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合を行ないません。お互いを尊重するという姿勢を貫く合気道はいのちの大切さが訴えられる現代に相応しい武道といえるでしょう。
Leading an opponent in a flowing circular movent and finishing with a throw or pin hold.It is not a means of felling your opponent,but to disgard victory or defeat an to seek harmony of mind,body through training.


ホームへ