子どもが野球を始めたいと言った時に!

 「野球を始めたい!」
 ある日突然お子様がこういったら、貴方は何をしてあげますか?
 もし貴方が野球経験者で野球のことを分かっていたとしても、お子様が楽しく野球を始めるためには、親として、まず
どうしたらいいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。
 お子様の体力や体つきに合わない用具選びをしたり、価格だけで選んでしまうと、一生懸命練習に励んでも、身体に
合わない用具が上達を妨げてしまうことがあります。
 最悪の場合、肩や肘を痛めてしまい二度と野球ができなくなったり、野球そのものが好きでなくなってしまうこ
ともあります。
 お子様が野球を通じて健やかに成長されることを願い、保護者の方々に知っていただきたい事柄をまとめました。
 皆様のお役に立てれば幸いです。

       目    次
    1.野球がしたいよ〜!
    2.チーム選びのポイント
    3.初めてのグラブ選び
    4.初めてのバット選び
    5.キャッチボールをしよう!
    6.バッティングセンターへ行こう!
    7.ユニホームの着方
    8.初めての練習
    9.グラブのお手入れ方法
   10.スパイクの選び方・スパイクのお手入れ
   11.試合への準備
   12.『プレイボールの本当の意味』
   13.『野球の父』アレキサンダー・カートライト
       
11.試合の準備

 いよいよ待ちに待った初めての試合の日になりました。
 グラブ、バット、スパイクもピカピカにして準備しています。

お母さん:「大郎くん、試合がんばってね!!(^_^)v」

大郎くん:「うん!(^_^)v・・・でもちょっと緊張するよ、お母さん(^_^;)」

1)試合に対する心構え

 野球の試合では、9人の選手がスターティングメンバー(試合開始時の出場選手のこと)として選ばれます。
 その他の選手たちは、試合中ランナーコーチをしたり、ボールボーイやバット引きをしながらチームを支え、ベンチから大きな声援を送ります。
 そして、試合の流れやその時の状況に応じて、試合に出ている9人の選手とベンチにいる選手が交代するのです。
 一般的に、スターティングメンバーや交代を決めるのは、監督やコーチなど指導者の判断によるものです。
 選手の実力はもちろん、チームの状況や対戦チームなどに合わせて決められています。
 守備の交代だけでなく、バッティングの優れている選手であれば「代打」、足の速い選手であれば「代走」というような形の選手交代も行われます。
 最初から試合に出られる選手は9人だけですが、その他の選手たちにも、試合に出られるチャンスは用意されているのです。

2)子どもが試合に出られなかったとき

 試合の流れやその時の状況、選手の実力などによって、残念ながら試合に出ることができない場合もあります。
 そんな時は少し考えてみてください。
 もちろん試合に出ないよりも、試合に出る方が子どもたちにとっても、お父さんお母さんにとっても嬉しいことでしょう。
 けれども、たとえ試合に出られなくても、チームの中で「一選手」として野球を楽しむことで、子どもたちはたくさんの”大切なこと”を学んでいるのです。
 そして、試合という一つのことに対して、いろんな”気持ち”を仲間たちと共有することで、子どもたちは大きな喜びを感じているのではないでしょうか。
 試合に出るチャンスがなくても、子どもたちは”大切なこと”・”気持ち”をいっぱい吸収しているのです。
 それを忘れないでください。

3)初めての試合の後で

 初めての試合が終わった晩。
 家族揃ってご飯を食べています。

 お母さん:「大郎くん、今日は試合楽しかった?」

 大郎くん:「うん!とっても楽しかったよ。ボクがセンター前に打ったヒットを見ててくれた?あれはね・・・・・・・」

 楽しそうに話を続ける大郎くん。
 これからもずっと野球を続けていくことでしょう。





戻る
前へ
次へ