子どもが野球を始めたいと言った時に!

 「野球を始めたい!」
 ある日突然お子様がこういったら、貴方は何をしてあげますか?
 もし貴方が野球経験者で野球のことを分かっていたとしても、お子様が楽しく野球を始めるためには、親として、まず
どうしたらいいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。
 お子様の体力や体つきに合わない用具選びをしたり、価格だけで選んでしまうと、一生懸命練習に励んでも、身体に
合わない用具が上達を妨げてしまうことがあります。
 最悪の場合、肩や肘を痛めてしまい二度と野球ができなくなったり、野球そのものが好きでなくなってしまうこ
ともあります。
 お子様が野球を通じて健やかに成長されることを願い、保護者の方々に知っていただきたい事柄をまとめました。
 皆様のお役に立てれば幸いです。

       目    次
    1.野球がしたいよ〜!
    2.チーム選びのポイント
    3.初めてのグラブ選び
    4.初めてのバット選び
    5.キャッチボールをしよう!
    6.バッティングセンターへ行こう!
    7.ユニホームの着方
    8.初めての練習
    9.グラブのお手入れ方法
   10.スパイクの選び方・スパイクのお手入れ
   11.試合への準備
   12.『プレイボールの本当の意味』
   13.『野球の父』アレキサンダー・カートライト
       
8.初めての練習

 いよいよ待ちに待った初めての練習の日になりました。
 お天気も良く、絶好の野球日和です。
 新品のユニホームに身を包み、新しいグラブ、バットを持って、大郎くんが玄関で待っています。

大郎くん:「お母さ〜ん!早く〜(^_-)-☆」

お母さん:「大郎くん。チョットまって!もう忘れ物はないの?」

大郎くん:「・・・あっ!」

1)練習に行く格好

ユニホーム 帽子の上にヘルメット
バック
*バットが一緒に納まるバック又は別に、バットは、バットケースに入れる
バット
シューズ
*アップ用は、運動靴が良いでしょう
*スパイクは、途中で履き替えましょう

2)練習に持っていくもの

 a)野球用具
  ●グラブ、バット、スパイク、ヘルメット、バッティング手袋、アンダーシャツの着替えなど

 b)野球用具以外のもの
  ●お茶などの飲み物、タオル、救急用品など

 持ち物はチーム・個人によって必要なものが多少違ってきます。
 初めての練習までに、監督や指導者、もしくはチームメイトのお母さんに聞いておくのがよいでしょう。
 大郎くんのように、忘れ物がないように気をつけてくださいね。

3)ポジション

 野球の守備のポジションは全部で9つあります。


 ピッチャーは「1」、キャッチャーは「2」、ファーストは、「3」・・・というように野球ではポジションを数字で表します。
 同じようにピッチャーは、背番号「1」、キャッチャーは、背番号「2」をつけるなど、守備位置によって背番号が決められたりもします。
 *チームによって背番号の付け方は、学年順、入部順と色々ありますが、通常は背番号「10」は、キャプテンです。
 監督は、背番号「30」、ヘッドコーチは、背番号「29」です。
 9つのポジションにはそれぞれ違った働きがあり、どのポジションが優れているということはありません。
 *小年野球の場合は、2〜3ポジションを経験すると、中学生になって役立ちます。
 なるべく色々なポジションを経験してください。
 攻撃では1番から9番まで打つ順番がありますが、守備のポジションとは関係ありません。
 
 ”これはゲッツーコースだ!6−4−3のダブルプレー!”
 野球中継を見ていて、このような実況を耳にすることはありませんか?

 ゲッツー(=get tow)というのは、ダブルプレーと同じ意味です。
 一つの攻撃プレーで同時に二つのアウトをとることを、このように言います。
 ゲッツーコースというのは、まさに今からダブルプレーが起こりそうな方向に打球がいってしまったという状態を表しています。
 つまり「非常にダブルプレーをとりやすい状況」ということです。

 それでは、『6−4−3』とは一体何を表しているのでしょうか?

 実はこれは、簡単に言うと「ボールの動きを数字で表している」のです。
 たとえば、ノーアウト、ランナー一塁。
 バッターはがボールを打ちました。
 打球は、ショートの方向へ。
 そしてショート「6」がボールをとる。
 そのとったボールを二塁ベースにいるセカンド「4」にすぐ投げる。
 必死に二塁ベースをめがけて走ってきた一塁ランナーはここでおしくもアウト。
 これでワンアウト。
 
さらにセカンド「4」が続けてすぐに、一塁ベースにいるファースト「3」に向かってボールを投げる。 
 一塁ベースに向かって走ってきたバッターランナー(打った本人)も、残念ながら間に合わずアウト。
 これでツーアウト。
 ダブルプレーの成立です。

 このように、一人のバッターが打った打球に対して、同時に二つのアウトをとっています。
 ボールの動きを想像してもらうと、ショート「6」→セカンド「4」→ファースト「3」というように、移り変わっていくのが分かるはずです。
 この一連の動きは、ほんの数秒間で行われています。
 より状況を分かりやすく説明するために、『6−4−3』というポジションの数字を使って表現しているのです。
 
 他にもダブルプレーは、『4−6−3』『1−6−3』などボールの動きに合わせてたくさんの表現の仕方があります。

 ダブルプレーに対して、トリプルプレーと呼ばれている、一つのプレーで同時に三つのアウトをとるというめずらしいプレーもあります。
 *しっかりチームメイトと心を合わせて練習してください。
  ダブルプレーをとると「快感」ですよ(^_-)-☆





戻る
前へ
次へ