子どもが野球を始めたいと言った時に!

 「野球を始めたい!」
 ある日突然お子様がこういったら、貴方は何をしてあげますか?
 もし貴方が野球経験者で野球のことを分かっていたとしても、お子様が楽しく野球を始めるためには、親として、まず
どうしたらいいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。
 お子様の体力や体つきに合わない用具選びをしたり、価格だけで選んでしまうと、一生懸命練習に励んでも、身体に
合わない用具が上達を妨げてしまうことがあります。
 最悪の場合、肩や肘を痛めてしまい二度と野球ができなくなったり、野球そのものが好きでなくなってしまうこ
ともあります。
 お子様が野球を通じて健やかに成長されることを願い、保護者の方々に知っていただきたい事柄をまとめました。
 皆様のお役に立てれば幸いです。

       目    次
    1.野球がしたいよ〜!
    2.チーム選びのポイント
    3.初めてのグラブ選び
    4.初めてのバット選び
    5.キャッチボールをしよう!
    6.バッティングセンターへ行こう!
    7.ユニホームの着方
    8.初めての練習
    9.グラブのお手入れ方法
   10.スパイクの選び方・スパイクのお手入れ
   11.試合への準備
   12.『プレイボールの本当の意味』
   13.『野球の父』アレキサンダー・カートライト
       
6.バッティングセンターに行こう!

 キャッチボールはしたけれど、まだ新品のバットを使っていない大郎くん。

大郎くん:「お母さん!早くこれで打ちたいよ(^_-)-☆」

お母さん:「そんなこと言われてもお母さん一人じゃできないわよ(^_^;)」

大郎くん:「やだやだ、何とかして!(T_T)」

1)バッティングセンターとは?

 バッティングセンターとは、機械のピッチャー(ピッチングマシン)が投げるボールを打って、バッティングを楽しむ場所のことです。
 実際に打席に入ってボールを打つので、より実践に近いバッティングを、子どもから大人まで誰もが感じることができます。
 『バットでボールを打ってみたいよ〜!』と子どもに言われた時には、どうすればいいのでしょうか?
 バッティング練習をする時には、必ず場所の問題が出てきます。
 近くの公園で・・・と考えてみても、もし打ったボールが子どもたちに当たったりすると非常に危険です。
 子どもものびのびとバッティング練習をすることができません。
 また、バッティングセンターは、実際に『打つ』だけでなく、他の人が打つ様子を『見る』ことによってもバッティングを楽しむことができます。
 ぜひ、子どもと一緒に、お父さんお母さんもバッティングセンターに足を運んでみてください。

2)”バッティングセンターでの遊び方

 バッティングセンターによって、1回の値段(およそ20球200〜400円)や利用方法(その度ごとにお金を払う場合や、初めにコインや回数カードを買う場合など)は、本当にさまざまです。
 注意してもあげてもらいたい点は、無理のない遅いボールから始めることです。
 バッティングセンターでは、ボールのスピード(およそ球速80〜130km/h)によって打つ場所が分かれています。
 初めから速いボールを打とうとするのではなく、少しずつボールのスピードに慣れていくことが、バッティングを上達させる上で大切なことです。

 ●右打ちの人は、ホームベースの左側、左打ちの人は、ホームベースの右側のバッターボックスに立ちます。





戻る
前へ
次へ