子どもが野球を始めたいと言った時に!

 「野球を始めたい!」
 ある日突然お子様がこういったら、貴方は何をしてあげますか?
 もし貴方が野球経験者で野球のことを分かっていたとしても、お子様が楽しく野球を始めるためには、親として、まず
どうしたらいいのか、悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。
 お子様の体力や体つきに合わない用具選びをしたり、価格だけで選んでしまうと、一生懸命練習に励んでも、身体に
合わない用具が上達を妨げてしまうことがあります。
 最悪の場合、肩や肘を痛めてしまい二度と野球ができなくなったり、野球そのものが好きでなくなってしまうこ
ともあります。
 お子様が野球を通じて健やかに成長されることを願い、保護者の方々に知っていただきたい事柄をまとめました。
 皆様のお役に立てれば幸いです。

       目    次
    1.野球がしたいよ〜!
    2.チーム選びのポイント
    3.初めてのグラブ選び
    4.初めてのバット選び
    5.キャッチボールをしよう!
    6.バッティングセンターへ行こう!
    7.ユニホームの着方
    8.初めての練習
    9.グラブのお手入れ方法
   10.スパイクの選び方・スパイクのお手入れ
   11.試合への準備
   12.『プレイボールの本当の意味』
   13.『野球の父』アレキサンダー・カートライト
       
5.キャッチボールをしよう!

 グラブを買ってもらった次の日。
 大郎くんは朝早く起きてお父さんを起こしに行きました。

大郎くん:「お父さん、早く起きて!一緒にキャッチボールをしようよ(^_-)-☆」

お父さん:「よし、公園に行こう!(^_^)v」

1)”キャッチボール”って何?

 キャッチボールとは、お互いにボールを投げたり受けたりし合うことです。
 野球の基本的な動きの一つとも言えます。
 キャッチボールは、ボールを使った一種のコミュニケーションです。
 コミュニケーションには『思いやり』の気持ちが必要です。
 相手が取りやすい位置にボールを投げてあげることが、キャッチボールにおける『思いやり』です。
 グラブやボールを買って貰ったばかりの子どもにとって、キャッチボールは楽しくて仕方ないはずです。
 『思いやり』の気持ちを学ぶこともできます。
 野球って楽しいんだなぁ・・・そう初めに感じさせてくれるのがキャッチボールです。

2)”キャッチボール”を始めるためには?

 用意する道具は、グラブとボール(軟式C号)の2つです。
 ここで大事なことは、キャッチボールをするための場所選びです。
 これは親の責任です。
 キャッチボールをする時には、車が来ない安全な場所や、遊んでいる他の子どもたちにボールが当たらないような場所を必ず選んでください。

3)”キャッチボール”ってどうやるの?

 子どもとキャッチボールをする時は、まず胸ををめがけてゆっくりと、獲りやすいボールを投げあげてください。
 最初はうまくボールを受けられないのが普通です。
 ボールに対する恐怖心を与えないためにも、最初は近い距離からゆっくりと、慣れてきたら少しずつ距離を離して、ボールのスピードをだんだんと速めていくのがいいでしょう。

4)ボールの種類

 野球のボールは、大きく3つに分かれています。
 硬式ボール、軟式ボール、ソフトボールです。
 プロ野球や高校野球で使われているのが硬式ボールになります。
 軟式ボールには3種類あります。
 ●A号 高校生以上一般用 ●B号 中学生 ●C号 小学校





戻る
前へ
次へ