チケットのご購入または演奏会に関するお問い合わせは、 tafelmusik1723@yahoo.co.jp
までお願いいたします。




トップページに戻る

tafel musik konzert
バッハ教会カンタータ連続演奏会将勝丙能回)は終了しました
「アンコール演奏会」は終了しました



「ロ短調ミサ曲演奏会」のチケットは完売となりました。ありがとうございました。
当日会場窓口での販売もありません。


「ロ短調ミサ曲演奏会」のお知らせ
これをもって「ターフェルムジーク鎌倉」の演奏会は終了となります

演奏曲目

Johann Sebastian Bach
ロ短調ミサ曲全曲
演奏日時
2012年11月24日(土)14:00より
場所
逗子文化プラザホールなぎさホール(JR逗子駅、京急逗子駅)
地図は、こちら
演奏

ターフェルムジーク鎌倉(合唱およびオーケストラ)
指揮大竹尚之
独唱
ソプラノ藤崎美苗
アルト高橋ちはる
テノール石川洋人
バス藪内俊弥
オルガン上薗未佳
入場料

2500円
定期会員募集は終了しました
チケット取扱
(売切れとなりました)
逗子文化プラザホール(046-870-6622)

有隣堂藤沢ミュージックショップ(0466-26-2794)

鎌倉島森書店(0467-22-0266)

チラシは こちら とこちら
プログラムは こちらと こちら
ご挨拶
いつもお世話になっています。長らくのご愛顧ありがとうございました。
ここに、私のアマチュア音楽家としての最終末を迎えることとなりました。
私のようなものの奏でる拙い音楽に今までお付き合い頂きましたこと、深く、深く感謝申し上げます。

私は中学2年のとき親にねだってフルートを手にして以来60年近く、学業も、職業も、家族をも犠牲にして音楽に没頭してきました。
そして、最後の10年は、その集大成として「バッハの教会カンタータの連続演奏会」に挑戦してきたのです。
私は今、「神の恵み」を強く感じています・・・・それは宗教的な意味ではなく、言葉だけのことではありますが・・・・。
そうでなければあり得ないような幸運の数々に恵まれて、この生涯最後の大計画を成し遂げようとしています。

そしてそれは何よりも、支えて下さった皆さまのお陰、ご指導頂いた先生方のお陰、協力して頂いたソリスト方、そしてメンバー諸氏のお陰なのです。
本当に、本当に、ありがとうございました。

最後に演奏しますのは、バッハが自らの生涯の集大成として作った「ロ短調ミサ曲」です。
「ミサ」とはキリスト教会で行われる聖餐式です。「最後の晩餐」でイエスが弟子達に自らの血と肉を授けることを模した、教会で最も重要な儀式です。
イエスは、弟子達にパンを裂き与え、「取って食べなさい、これがわたしの体である」。
また杯を取り、感謝の祈りを唱え、「この杯から飲みなさい、これは多くの人のために流すわたしの血である」と言いました。
そして「ミサ」とは、「散りゆく」「解散」を意味する言葉です。

多くの方々から「もっと続けてほしい」との温かいお言葉を頂いていることは重々承知しています。
でも、物事には初めがあれば、終わるがある習わし。
私たちはこのミサ曲演奏をもって清らかに、潔く解散するのです。
ご支援本当にありがとうございました。

バッハ ロ短調ミサ曲演奏会
2012.11.24(土) 14:00開演(13:30開場)
逗子文化プラザホールなぎさホール

演奏終了後、引き続き、皆さまへの「感謝の会」を催します。(1時間ほど)
私がご支援、ご協力いただいた全ての方々にお礼を申し述べるだけなのですが、
どうぞお時間を取って、ご参加いただけますようお願い申しあげます。

ターフェルムジーク鎌倉
吉田龍夫


トップページに戻る