ピーマン繰り返し摂取試験




* 目的


繰り返しピーマンを食用させて、その嘔吐反射を鈍麻させることによりピーマン嫌いな子が減っていくかを検討する。



* 試薬その他



ピーマンと試薬を同時に摂取してもらう。

蒸溜水との対照実験も同時に行う。また蒸溜水はピーマン丸呑みのため子供が欲しがれば 使用してもよい。



*結果















目を離したすきに被験者が逃げた。





2000.09.25