2001年1月29日ふっちゃいましたよまた雪どっさりねえ(UNMC周辺)ところでこれをupした4月現在、すでにオマハには春がきており暖かいというより暑いといった感じなのですが。「冬の寒さを忘れるような子供に育てた覚えはない。」っと子供を叱るように自分に言い聞かせながら、写真を見るとあら不思議、セーターを何枚も着込んでしまって汗疹なんかできたりするから、サウナなんかに行くより経済的


駐車場なら遠隔地 007.jpg 372x279
我が建物裏にあるお客様駐車場。我々研究者は研究費使ってるだけだし、病院の儲けには全く貢献してないので、ここじゃなくて遥か遠くの駐車場までバスを使用してアプローチする。三重人Kはその道を極めている。

通勤中の車と並んで道路を滑ろう
008.jpg 352x264
まさに研究棟の前の大通り。この日は道路も凍結していたので、スケートを楽しむ人たちもいた。また室外プール無料券も配られていたようで、お祭り気分を味わえる一日だった。(もちろんうそ。信じて外で泳ぐなよ。)

急斜面での油断の仕方
009.jpg 330x247
うりゃああと踏み込めばあとは下の大通りまではノンストップで滑り落ちれる。ただ本日はふわふわしているからそういう斜面には見えないけど、たまにはだまされたと思ってだまされよう。

雪かきと干し柿を追求しよう。
010.jpg 352x264
雪かきをしてみたい人はここで練習するといい。社会に対してなんにも貢献できない場所であり、無駄な努力の無駄さ度を再確認できると評判だ。


うそつけ。はい。
011.jpg 333x249
つららを撮ろうと思って焦点が遠くに合ってしまっているのではと考えてるとしたら、あなたは間違っている。つららを撮ろうとして構えた瞬間に滑り、おっとっとといいながら瞬時に被写体を変えた写真である。(見事にカメラが保持されている)

私にもカチカチさせて、独り占めはいやよ。
012.jpg 349x261
ここまで来たらなんの写真を撮ろうとしているかおわかりですねえ。オマハ自慢の突然の雪で凍える人ですねえ。本場の凍えかたを学んでおきたいものです。



まだつもるつもり?
013.jpg 352x264
やっと愛車にたどり着きました。これだけ積もれば使用済ナンバープレートの一辺でも利用して一気に雪をこすり落としたいものですねえ。靴ベラなんか代用してもだめですよ。日本人サイズでは大変だから。


オマハ芸術の間

ホーム