日記のようなものだねーん

2004年12月



2004/12/05
ラボのコンピューターが不自然な動きを見せるようになった。

我々にさんざん痛めつけられているから、

ガンジー並の非暴力主義での抵抗開始か?と、

当初相手にしていなかった。

ところが、ウイルスチェッカーもお手上げだったようで、

とにかく援軍を頼むとのメッセージを出してくる。

それではと先鋭な国王軍の部隊に竹槍を持たせて

点検を開始したのであるが、

全くと言っていいほど歯が立たない。

私の優しい言葉をもまったく聞き入れてはくれない。

この野郎と、システムを3ヶ月前の状態に戻して

ウイルスチェッカーを再インストールしてみた。

すると、なんとこやつ、

自分なりに援軍を得ていたつもりなのか

ウイルスを197個もかくまっていたではないか。

おいおい、データは大丈夫だったんかよ。

最近いいデータ出なかったのって、

こいつらのせいじゃねえだろうなあ。

あ、そういえば研究してないんだった。

・・・・・・・・・

反乱軍を鎮圧できたのは良かったが、

データの被害があり得なかったのはすこし寂しかった。









Tad国王日々の記録室

ホーム -----------------------------031144697856008 Content-Disposition: form-data; name="userfile"; filename=""