日記のようなものだねーん

2003年10月



2003/10/03


T君独身が近々転勤することになった。

彼との別れを惜しむ気持ちを沸かせるために

今まで以上にラボで飲む機会が増えた。(?)

本人が来なくとも酒はおいてあるから安心。

勝手に飲んでいるわけで・・。

これが最近の体調不良の原因のようだ。

朝から腹痛に悩まされている。

私の二日酔いにいままで腹痛は参加していなかった。

吐き気はあったが腹痛はなかった。

やはり先日T君独身が持ち込んだ

怪しげな酒が原因か?

なんか毬藻の小さい奴が浮遊していたようで、変色もしていたけど、

飲んでみておいしいから大量に流し込んだんだよなあ。

「イテーヨーとても痛いよお。」

実は2日前に胃の検査はうけたばかりで、

異常を指摘されなかったから、喜んじゃって勢いをまして飲んでしまったから。

3日目にまた胃の検査を希望してしまうと、

胃検査中毒症患者と疑われてしまう。

警察:「きっさまあ。また胃の検査に手をだしたんか。」

私:「胃の検査をすると、tripしちゃうんです。」

私:「ああ苦しい、禁断症状があ。胃の検査うけさせてくれー。」

「・・・・・・・・」

「仕方ない。大人しく腹を抱えて笑うか。」

「いや腹をさすって、痛みをこらえるか。」

「気を付けないと廃人になってしまうから。」




2003/10/07


月曜日になると我がラボの水道水、

かなりの赤みを帯びてくる。

土日に使用しないから、配管内で停滞している水に

さびた水道管の赤みがとけ込んでいくのである。

だから、月曜の朝一番にしなければならない作業はこの赤さびの除去である。

赤だしを思い浮かべ、

母の待つ故郷の秋に涙する研究員もいることであろう。

そんな思いの中で、たまった水を洗い流す20分間、

なんとなく無駄な時間を過ごしている自分に気付く輩もいるはずだ。

「そう、この20分自宅で長く寝ていられたら、

一日が本当に無駄なくすごせることになったのだろう。」

と、溜息をつきながらあくびまでしている自分の生き方が大好きだ。

なんて、思ってしまう自分が嫌いだ。


2003/10/20


我が家では鰻ちゃんの御尊顔を拝する機会がない。

久しく食っていないのだ。

その不思議に気付いた時、すでに10年の月日が流れていたのであった。

嫁が鰻嫌いの人生を歩んでいたことから、

食卓に鰻が並ぶこともなかったし、

外食先を選ぶ時の選択肢にも上がってこなかったのである。

最近NHKの朝の連続ドラマ「こころ」の中に出てくる浅草の鰻屋が、

10年間嫁が布いていた禁制の解除を訴える勢力の蜂起に力添えした形となった。

そう、我が家のガキ共が鰻食いたい運動を展開したのである。

嫁が親の権力を行使してこの動きを封じ込めようとしていた。

嫁は私に助け船を出す要請をしていたのであるが、

新婚時代には嫁の願いを素直に聞きいれてあげられた

私の可能動詞がなぜか不可能動詞へと

すでに完全なる不可逆性変化をとげてしまっていた。

また久々に鰻を食してみたい気持ちも手伝って、

私は松尾山を一気にかけおり東軍に味方してしまったのである。

斯くしてここに関ヶ原の戦いは終わった。

と、いうことで、鰻を食いにいきました。隣町まで家族で。

嫁は仕方なくついてきていたけど、

さすがに鰻専門店で他のメニューをおいてあるはずなく、

ガキが残した鰻重のご飯部分だけを食べていました。

タレは問題なくいけたらしく、結構満足してたんじゃないかなあ。

いやあ、10年ぶりに食べる鰻、いいよねえ。

ガキ共も大喜び。でも帰りがけに嫁が

「次に鰻を食べにいくのはあんた達の成人式の頃位かなあ。」と、言っていたなあ。

まだ戦いは大阪の陣へとつづいていくんだね。

薩摩での養殖鰻の生産高上がってるんだから

薩摩人として売り上げに協力しなくっちゃねえ。


2003/10/21


運動会がありまして、

私も父兄として参加いたしました。

久々に校庭にござを敷き、

「赤勝て、白勝て」の、お祭り気分を味わいました。

子供の走りには満足していた私ですが、

自分自身の見せ場がないことに不満を感じておりました。

そんな私の心を理解してくれたのか、

父兄による綱引きが組まれておりました。

「綱なんか引っ張っている場合ではないだろう」の

腰が曲がりかけたお爺さんもいたグループでしたが

我々のグループが2戦2勝と優勝してしまいました。

その喜びに浸って以来綱引きマニアになってしまいました。

日々綱を引いております(?)。

あくまでも綱でして、縄ではありません(??)。

そういえば、100m走でいいところをみせようとしていたお父さんが

豪快な転倒を披露していましたなあ。

あれほど見事な技は、

運動会でないと見せてもらえないんでしょうなあ。

ということで、運動会に参加しましょう。

きっと楽しく、ハプニングの生き証人になれるし。




2003/10/31


日記を更新する暇すらない人生に突入している感じがしている今日この頃です。

ついに10月も最終日となってしまいました。

女児誘拐事件、医療過誤、イラク、west bankと

嫌な事件ばかりの今日この頃。

みんなで何もしないでゴロゴロしてみないかい。

明日から霜月だからきっと目立てるぞ。








Tad国王日々の記録室

ホーム