写真:
釣り銭ないのに返却口を確認するな。


  偽の千円札をも回収してくれるすぐれものの自動販売機。深夜の駅構内で光輝くこいつは、生き馬の目を抜くような厳しい社会で満身創痍に陥っている私を明るく迎えてくれるんだ。商売人もとい、商売機械とはいっても返済に困るような買い物をこいつは要求してこないから、キャッチセールスなどで断りきれない性格の貴方でも大丈夫。こいつとお茶でもして憩いのひとときを過ごすことは可能。あ、100円ちょっとだからね。お茶代って。安いでしょ。だから、その分持ち家の返済のローン年数を短くできるよね。月々の返済額あげられるし。







Home