写真: メリケンに憧れるな


Tad国王も王国大使もいずれ劣らぬ酒豪だが、酒癖はよくない。「お前のような奴が黒田武士とはかたわら痛いわ。」とTad国王がののしったことに対して、王国大使も負けじと、「おれはそんなんじゃねえ、泣かせるくらいなら泣かすな。」と、かみ合わない会話とはいっても国王を怒鳴った。その勇敢さを後世まで語り継いでいこうと造られた銅像がこれだ。「のっぽのおじさん」と呼ばれ現在でも建てられた当時の姿で 呑み取り槍を小脇に抱えている。Tad国王は「呑めねえ奴は踊らすぞ、こらあっ。」と現在でもかわらぬやさしさでこの像を見上げているとか。さすがちゃきちゃきのシマンチュ(訳: 島の人)。







Home