写真: 草むしりしておけ。ハーイ。

 
 「光線不足はお肌には良さそうだけど不健康でやあねえ。」と、いいながら王国の女官達(喜寿)が基礎体温の観察につぐ2報目として発芽観察を開始した。「何処の馬の骨から得た骨についていた種か知らないが、王家で観察記録をつけても法的には問題ないんか?」と、部屋のかどにたまった埃をはけでかき出しながら秘書のヒ・ショチャウ・デー(54)は不満気に語った。王国法務省入管局の高官は、「しかるべき手続きを経て得た種だ」と反論したが、「納得できねえー」とわめきながら踊り続ける一行が、ヒ・ショチャウ・デーを擁立して一揆を勃発させる可能性も視野にいれ、王国公安当局は警戒を強めた。しかし5日午前11時43分ごろ、「頭もたげてるんじゃねえか」と女官が叫んだ声で第一次発芽ブームが始まり王国国民は活気づき正拳突きなどをしてしまう人々までもが出現する始末。踊り続ける一行の飛び入りもあって国民総出のお祭り騒ぎも最高潮へと。







Home