写真: 本格的な的格本

 
 多くの芸術家をとりこにした芸術の国、Tad王国。その王国で20世紀後半に建てられた歴史あるこの建物が今芸術家達の間で話題となっている。パリが凱旋門なら王国はこれだ。「なにがこれだ。ちゃんとした名前でよばんか。」と名付け親になる事を夢見て上京してきた村長さんが怒鳴った。しかし変幻自在な光の表情を追求したこの作品があまりにも偉大すぎて村長さんの理解の域を越えてしまった。「慚愧に耐えない思いだ。」とのコメントを残して田舎へと戻ってしまった。その後名付け親になりたいと多くの人々が建物を訪れたが、脳漿を絞りすぎて悩がすかすかになってしまい、難病の認定をうけるまでになってしまい社会問題となっている。







Home