写真: 入会金年会費無料のUFO信者勧誘

 「9日未明、天井に未確認物体を確認した。全体の形は鮮明であり、西南方向に向けて一定の速度で揺れていた。未確認物体はいったん光を消したが、翌日夜再び光輝き、住人はその電気代が気になって気になって仕方がなかった模様。」と、Tad国王の実家のシャンデリアを利用して報道の練習をしていた王国国営テレビの新人アナウンサー。努力家の彼女、「UFO信じますか?それとも神を信じますか?」と、周囲の人々への取材に余念がない。失笑をかっている様子がまた微笑ましかったりして、ファンのために本人に将来の豊富を聞いてみた。「取材を任せてもらえるアナウンサーになるために日々努力しているんです。子育てが終わったから自分の時間がとれるし。水着姿もOKよ。」宇宙人の秘密兵器だったら「出来すぎだ。」と唸ってしまいそうなこのアナウンサー、将来が期待されている。







Home