写真: 降りもしないのにボタンを押すなの名台詞。

 
 12階建てマンションの最上階に住む人は誰よりも長くエレベーターを経験しているはずだ、という論文で世間を唸らせてみようと雑誌に投稿する機会を伺っていた。そこで生データを集めるために休暇を利用してエレベーターで最上階をめざしていたのであるが、途中突然押してもいない階でドアが開いた。ドアの外にはこわおもての男達が立っており、いきなり私に「上ですか下ですか」とすごんだ。「おとなしくしているから何もしないでください。」と泣きそうな目で訴えたのが功を奏したのか男達はエレベーターへは結局乗り込まなかった。日頃から最悪の場合を想定し備えている私は、粘着テープで口をふさがれる時のためにとガムテープを携帯しているのであるが、実際には使用される機会なんて少ないことを知った。しかしこれが「備えあれば愁い無し」との言い伝えを否定するものではないこということは、論文の考察として加え、よりインパクトのあるものにしようと思う。

 







Home