写真:経験を積みっぱなしにしてないで、かたづけなさい。
 
 年輪を重ねてみないか?との勧誘を受けることがあると思うが、気をつけた方がいい。くだらない説明書込みで3ヶ月分の給料程度が相場と授業料の安さを訴えているが、「初任給は両親へ」との注意書きもあるから、少なくとも4ヶ月分はみておく必要がある。「俺の働きばかりに頼るんではない!」の台詞を夫婦喧嘩で使用する人は、「あんたの安月給でなにができると思ってるの。」の反撃を繰り返しうけているであろうから、自分の給料の額は脳幹部(生きるために重要な中枢)にたたき込まされているのが普通だ。反射的に「いいんじゃないの、手頃な額で。」と言ってしまい、勧誘されてしまうことがあるから要注意だ。年に一つしか増えていかないからといって、月輪というまがいものをつかまされることもあるけど詩歌をたしなむ人には人気があるらしい。







Home