写真:そんな光を発するなんて。
 
 ノブ子は手の温もりを感じてあげることが仕事なのだ。時には汗まみれの手のひらにも接するらしいが、常に冷たい感触を返す事を心がけているらしい。でも暑気払いだといって、頬を押しつける輩もいるが、あまり強く押しつけてしまうとノブ子のその球面が頬ごとめり込んで行き口腔の空間が半減することは承知した上で行動に及んでほしい。「四畳半に住んでいても気分は大邸宅」と、狭い空間の利用に秀でている人にとっては大した問題ではないのであろうが・・。そうそうノブ子に接するときは髭は剃っておかないと、ジョリジョリを許してしまう。







Home