写真:危険な配置
 
 アメリカのトイレは隣どおしの配置には無関心である。写真はよく行くファーストフードでのトイレであるが、便器の真横に洗面台が配置している。これではかなり注意していないと、便器と洗面台を間違えてしまいそうだ。トイレが混んでいるときなどはどちらも、同じ目的で使用したりしそうだし。一番心配なのは用をたしている人の隣で洗顔をする人が現れるのではないかということである。考えただけでゾッとしてしまい眠れない日々が続いたのであるが、よく考えてみると、風呂と同じ部屋に便器が配置されているのが普通の造りのアメリカ、これがちょっと進化した形がこの配置ではないかということに気付いた。もうちょっと進化論でも勉強してみようと思う。







Home