写真:うわべだけで判断したい気持ちって、は・じ・め・て。
 古新聞に余裕があるならば、紙粘土を作ってみるのもいい。ちぎって糊に浸してそして創作の世界に浸るのである。写真は今はやりの恐竜顔である。3丁目のおばさんを連想するのは危険だ。あの人はもっとすごいだろうよ、と横から議論を進めてしまう人が出現してしまい危なすぎる。だからチラノサウルス似でえくぼのゴツゴツが気になる17才の女の子を作ってみた。べたついてとろけた糊がエイリアン風で不気味さを強調できており会心の作である。糊を小麦粉と水で作ったという事実がこのチラノがお好み焼き似である所似であるが、広島流でない点は強調しておきたい。そうそうものが17才ということもあり、惚れられ防止の ニキビ顔で表面をコーティングしているが、むやみに潰しちゃバイ菌がはいることは意外と知られていない。







Home