写真:「機首をあげろ、シャキッとしろ」
 
 携帯電子機器だなと思って見てしまうと、「飛行機の離着陸時のご使用はお控えください。」と、大衆食堂でお好み定食を食べながらでも発言してしまう・おおきな御世話だこの野郎おじさん・になってしまいがちだ。そこで違った視点からの観察を導入してみて、そろばんが進化した電卓ではないか?と思ってみてしまうと、御破算で願いましてはと、直訴してしまいそうになる。とにかく機械コンプレックスはなおしておきたいところである。さてこの写真だけからは判断に困るかもしれないが今回の作品は脇役タコメーターを従えてよりいっそう際だった活躍をみせているスピードメーターのありようについて小論文でもまとめてみたいと思い、シャッターを切ったものである。あらためて見てみるといい表情でとれてるじゃないの、これがまた。これならば飛行機のコックピットと表現しても素人ならそのまま信じてしまいそうだ。
写真の腕をあげたな。俺。







Home